地球から見りゃ微生物が書いてるブログ

headahand.exblog.jp

株式会社テイクアップアームズ 代表取締役であり競馬本作家& ライターをしている竹内のブログ

世界の恐怖映像2012を見て違和感・・・

何も世界の恐怖映像2012!
超凄い!ありえない!春の絶叫祭り最強SP

という番組を見た。

何度目かの特番で多分全部見ていると思いますが、
ご存知の通り自分は霊的な番組からホラー映画まで
オカルト系は大好きですし、自分もそういう霊体験は多く
このブログでも昔書いていたりしました。

で、例えば心霊映像というのは
かなり多くが作り物だと思っていますし
別にそれはそれでいいと思うのです。

オカルトというエンタメ

そんな側面もありますからね。

心霊ドキュメントの類もヤラセは多いと思いますが
今回この番組を見ていて思ったのはちょっと違わないか?
ということがあったので書きたいと思います。


後半のドキュメントで「霊障に悩む男性」が登場し
霊が出る家の検証をするというものがありました。

男性は霊に日々苦しめられて仕事も辞めてしまい、
部屋中、いや家中にお札をなんと49枚も張っており、
TV局がセットした定点カメラにははっきりと霊が映っていました。

で、心霊研究家の池田武央氏が家を検証し
まず「お札が四方八方にあるので、霊が家から出れない」
ということをアドバイスし、その後その男性の浄霊をしたりします。

この、お札を張りすぎると霊が出れないというのは
私も昔霊能力が強い人の聞いたこともありますし、
非常に興味深く見ていたのです・・・が

最後にそのお札をすべて剥がし「寺に納める(供養する)」
といような話が出て、一度綺麗になったのですが
後日談として、その家にフタッフが行くとまた家中にお札が貼ってあり
「あの後も霊が出たので・・・」
という男性のコメントがあり、消化不良で終わるという内容でした。

いいんです、オカルトに答えはないのですし
そのお札も男性からすれば気休めになるんですから。

ただ、その「また貼ってしまった」というシーンが出た時に
「これは回想だっけ?あれっ?」と、強い違和感を受けました。

というのは、貼り直した(買い直した?元々のお札を貼った?どちらでもおかしいが)
お札の柄や、一瞬映る部屋の雰囲気、物の位置、それらが
ドキュメント冒頭で映った映像とあまりに同じすぎるような違和感です。

なのでデジカメで撮影し(笑)巻き戻して最初の画面を見てみました。
するとやはり同じすぎる気がするのです。

e0207504_4162449.jpg

e0207504_4164394.jpg


上が最初、下が貼り直したという時の映像。

お札が同じ事は間違いありません。
そして貼ってある場所も、上の木の部分からお札までの隙間の広さや
横にある赤い丸い恐らく画鋲的なものとの距離、高さ、全く同じに見えます。

e0207504_4201099.jpg

e0207504_4202227.jpg


こちらも最初と「貼り直した」後のシーンですが
これも2枚の間の広さや、右下にあるお札との距離
またそれをシキイとした他の2枚の高さもそうですし、
お札が浮いているというか、貼り方というか、弛んでいる部分も
どうも同じように見えます。


ということは、お札が原因になっているというシナリオは
最初から確定してあるし、貼ったり剥がしたりするのが面倒なので

オープニングとエンディング、要するに使用前と使用後を
最初にまとめて撮影をしておいて、中盤の霊能力が鑑定し
原因となるお札を剥がすところを後で撮影した、のではないでしょうか。

だとすると、現時点でお札はあの家に無いはずです(笑)

そりゃドラマや映画を撮るなら効率重視ですから
エンディングから撮ったりなんでもしていいですけど、
ドキュメントを取っているという前提では、そういうことはインチキですよね。
やらせとか演出とかって話ではなくて、インチキです。

全く1から10まで茶番になってはダメじゃないですか。
どこかでガチの部分が無いと・・・

まぁ、これは私の勝手な推測ですし
偶然こういう貼り直しができたのかもしれませんけどね。


[PR]
by head-and-hand | 2012-03-29 18:16 | 日記

by 博徒TY