地球から見りゃ微生物が書いてるブログ

headahand.exblog.jp

株式会社テイクアップアームズ 代表取締役であり競馬本作家& ライターをしている竹内のブログ

hide

5月2日はXJAPAN hideの命日です。
小学生の頃から影響を受けて、今でも自分の中では
ナンバーワンのギタリスト・・・いやギターヒーローです。

XJAPANが解散し、いち早くファンの為に活動を
明確にしたものの、それから半年後に亡くなってしまったことで
正直なところ、XJAPANのファンはどん底に落ちました。

私は、あの日、朝までhideのオールナイトニッポンを聞いていて
何となく虫の知らせというか、hideのラジオ終盤のトークを聞いて
気味が悪い感じがして、それで寝れなくて、昼前にやっと寝付けてから
数時間後ですか、友人からの電話で起きてhideの死を知りました。

頭の中真っ白でバイトに行ったのですが
あの日は泣いてる人が多かったんです、通行人やお客さんに。
辛かったなぁ・・・


さて、自分自身がいつの間にかhideの年齢に
追いついてきたわけですが、そんなに月日が過ぎても
今スクリーンに出てきてもhideの音楽やヴィジュアルは新しいと思いますし
本当に多くの名曲を残している人だなと思います。

人間二度死ぬといいます。
肉体の死と、忘れられた時の死と言われますが
hideはその二度目の死は無いんじゃないでしょうか。

だって、hideが死んでから生まれた子がファンになってますからね・・・

今生きていて、バリバリのギターヒーローであってくれれば
それが一番でしたけど、生でXのHIDEもソロのhideも見れた自分は
幸せだなぁと今改めて思いますね。

さて、今日はhideの音楽を今一度聴いてみたいと思います。


ソロ初期の名曲

DICE  とにかくかっこよくて当時震えた



TELL ME 心が癒されますね、優しい曲



FROZEN BUG '93  頭から死ぬほどカッコイイ hideファンには不人気っぽいですが・・・




Psyence時代

MISERY 歌詞の良さが秀逸 hideのポップセンスが全面に出ている



Beauty stupid POPでPUNKでFUNKYでhide




hide with spread beaver時代

ROCKET DIVE  これからhide船長とおかしな怪人達と一緒に楽しめると思った希望の曲




ピンクスパイダー  こんな曲が日本のメジャーシーンで出るのかと感動した曲



ever free  デタラメと呼ばれた君の自由の翼はまだ閉じたままで眠ってる   今でも勇気をもらえます



Hurry Go Round 別に意図してたわけじゃないんだろうけど、本当に優しくも寂しく、悲しくも感じる別れの歌に今でも聞こえてしまう。また春に会いましょうの言葉が嬉しくも悲しい。



個人的にはgoodbyeとHurry Go Roundは聴くとまだ寂しくなるなぁ。


最後に、hideが世界を狙っていたバンドzilch

ELECTRIC CUCUMBER



これが世界に行ってくれてたら、海外コンプレックスがある日本人も
少しは堂々と出来たかもしれないなとよく思いました。

日本の音楽の印象を変える可能性があったこんなバンドが
1990年代にあったことは、多くの人に知ってほしいなぁ。



最後の最後で やはりXのHIDEで終わりたい。

Stab Me In The Back 爆音で追悼!!





[PR]
by head-and-hand | 2012-05-02 00:00 | 音楽

by 博徒TY