地球から見りゃ微生物が書いてるブログ

headahand.exblog.jp

株式会社テイクアップアームズ 代表取締役であり競馬本作家& ライターをしている竹内のブログ

<   2012年 11月 ( 35 )   > この月の画像一覧

龍が如く 主題歌

龍が如く5を予約したということを
1つ前に書きましたが、この龍が如くシリーズは
楽曲の良さも魅力的です。


龍が如く2 主題歌 クレイジーケンバンド「12月17日」


龍が如く2 挿入歌 クレイジーケンバンド「黒い傷跡のブルース」


龍が如く3 主題歌 矢沢永吉「Loser」


龍が如く4 主題歌 ZEEBRA「Butterfly City Feat. RYO the SKYWALKER & Mummy-D」


龍が如く見参 主題歌 ZEEBRA「Bushido」


龍が如く見参 エンディング曲 ケツメイシ「ライフ イズ ビューティフル」


龍が如く of The End 主題歌 BRADBERRY ORCHESTRA「Mutation」


龍が如く of The End 主題歌 BRADBERRY ORCHESTRA 「Kizamu」



そして、龍が如く5は・・・

GOSPELS OF JUDAS(氷室京介)「Bloody Moon」

この曲が作品をどう色づけるのか?
超期待しています。




龍が如くには名台詞は沢山ありますが、
もし「自分がバッティングセンターで喧嘩になったら」
絶対にお借りしたい名台詞がこれ。

『何、ちょうど打ちたかったところだ・・・ひねくれたカーブをな』



[PR]
by head-and-hand | 2012-11-30 18:07 | ゲーム
12月6日発売 ペーパーマリオ スーパーシール

とりあえず予約しました。
ま、自分がやるわけではないのですが(笑)




もう1本、同日発売 龍が如く5 夢、叶えし者

こちらも予約しました。



龍が如くは1~4までのシリーズと
番外編的な見参とOF THE ENDをプレーしてますが
一番の魅力はやはり桐生一馬というキャラクターですね。

極道の人は何人も実際に見ていますが、
こういうカッコいい極道とは会ったことがありません(笑)

また、魅力はゲーム内で遊べることの多さ。
本来のストーリーから逸れたところでも
ずっと遊んでいられます。

今作ではついに・・・名古屋は栄、錦三丁目
略して「錦三(キンサン)」が再現されているようなので、
私が長年過ごしたあの繁華街が見れると思うと
とても楽しみです。


[PR]
by head-and-hand | 2012-11-30 01:49 | ゲーム

e0207504_0552015.jpg


先日、窓から空を見て「これは!」と思い
写真撮影をしてみました。

月ってのは不思議ですよね。
裏側を絶対に見せない(クレーターだらけで、深さが同じぐらいだったはず)
そして中身が空洞って話もありますよね。
そして見た目の大きさが太陽と同じ。

人工物説に一票!


[PR]
by head-and-hand | 2012-11-29 22:55 | 日記

3コマ

e0207504_0465369.jpg

e0207504_0483350.jpg

e0207504_0471464.jpg



[PR]
by head-and-hand | 2012-11-29 18:46 | ウサギ

珍しいビール

大井競馬場のエロテロリストことGさんに
珍しいベルギービールをいただきました。

e0207504_0284682.jpg


右の方のデザインがツボ。
ROCKサンタって感じでいいですね。

味は甘くて濃いです。
ビールを甘いリキュールで割った
カクテルっぽい味がします。

度数が9%なので日本の一般的なビールより
全然度数が高いですから、一気飲みは危険ですね(笑)



[PR]
by head-and-hand | 2012-11-29 00:37 | 焼酎・酒

ドミノ倒し

ドミノ倒しが恒例だったのは、
フジTVの27時間TVだったか?
それとも日テレの24時間TVだったか?

どちらかは忘れてしまいましたが、
ドミノ倒しを見ることはとても好きで、
食い入るように見ていました。

倒すために立てる、
そして途中で倒れるとやり直し、
まるで三途川の積み石。

さて、不思議な事にドミノ倒しというものは
華麗な動きや模様を見せてくれるというのに、
悪い意味で使われることが多いです。

ドミノ倒しのように不運が襲うとか
ドミノ倒しのように家庭崩壊するとか。

自民党がグダグダの政権を作り、
それに愛想を尽かした国民が、
何となく民主党政権を生んだ。

なんやかんやと国がまとまらない中で、
大地震が起こり、原発事故に繋がった。

その後の対応の悪さなどから
国民の不満が募り支持率が下がる中、
それを回復させようと突然の強気外交をして
領土問題に緊張が走り、何も解決しないまま
解散し選挙になることになり・・・

これからどうなるか?

これもドミノ倒しに見えます。

ところで、ドミノ倒しを見ていると
一生懸命作っている最中で、誤って1つの牌を
倒してしまい、完成前に崩れだす光景をよく見ます。

その時、倒した本人はもちろん
その先で牌を並べていた仲間も慌てて
『倒れていく先頭』を手で止めようとしますが、
結果的にその手が次の牌を倒してしまって
ドミノ倒しを止めることができず、次々と倒れて行く・・・
そんな悲劇が起こります。

見ている側からすれば
『倒れている先頭の少し先の牌を1つ2つどかせば止まるじゃないか』
と思うのですが、冷静さを欠いている現場の人間は
どうしても倒れている先頭を止めようとしてしまうのでしょう。

自分でもそうです。
目の前の問題は、その場で慌てて止めようとします。

ただ、その目の前の問題を無理に止めずに、
1手2手先回りして止めるようにさえしていれば、
5手6手先まで解決できなかったということも
過去に起こらなかったのかもしれません。


ドミノ倒しは、元の1.5倍の大きさを倒せるそうです。

5mmのドミノ1つが30枚目には
スカイツリーを倒せるという話も聞きました。
(まぁ元のドミノの重さとかも影響するはずですが)

良い意味で捉えれば、最初の1歩を踏み出すことが
重要であるということにもなりますが、
悪い意味でのドミノ倒しが始まった場合、
どんでもない結末を迎えることがあるということです。

早急に止めることはもちろん重要ですが、
最悪の結果になる前に、いくつかの妥協をしてでも
必ず止めるということが重要ですね。


もしくは・・・

反対側からも倒す。

これも解決の1つでしょう。


[PR]
by head-and-hand | 2012-11-28 15:00 | 日記

寒い

寒すぎる。
北海道は大丈夫なんだろうか。
[PR]
by head-and-hand | 2012-11-28 02:46 | モバイル

当選間違いなしの方法

選挙ムードが濃くなってきた日本ですが、
当然こうなってくると、色々な政治家や政党が
心にもないマニュフェストを掲げたり、
当選するためだけの方法を考えるものです。

さて、当選するための方法を考えると
手っ取り早そうな方法が頭に浮かびました。

それはアンチ○○政党を作ることです。

いつから、日本人は好きな物より
嫌いな物へ力を注ぐようになりました。

一昔前は熱狂的過ぎるファンが多い
V系や(自分もそうです)ジャニーズ、アイドル
阪神タイガース、浦和レッズ、などのファンの
見境なく応援し対象を神化させていくことに
一般の人が嫌悪していたように思いますが、
今はそういうことは目立ちませんよね。

V系ファンで言えば、自分の好きな対象となっている
バンドについて語ることが減り、そのバンドに類似するような
他のバンドの悪口の方が多いです。

浦和レッズファンにしても、浦和レッズを勝たせるために
地鳴りにも似た応援を純粋にしていた過去に比べると、
今では、相手チームへの罵倒や相手チームのファンへの
罵倒などのほうが目立つようになってしまいました。

ただ、まだそういうことはいいのです。
あくまでも「対相手」に対して燃えているだけなので、
害はあっても悪ではないでしょう。

問題なのはそういう構図ではないアンチ人種です。

野球ファンが、サッカーを馬鹿にする
サッカーファンが、野球を馬鹿にする

これならまだ理解もできますが、
野球には興味が無いが、サッカーが嫌いなので
一日中サッカーについて文句を書いたり考えたりしているとか、
アイドルが嫌いだからアイドルのことばかり考えているとか、
プロレスが嫌いだからプロレスのことばかり考えているとか。

「嫌う」ということに「生き甲斐」を見つけてしまうと
「好き」を放棄した人生に繋がっていく。

それを一般的な人は「生き甲斐の無い生き方をしている人」
にしか見えないのですが、本人は突き進んで行ってしまうので
止めようがありません。

ネトウヨ、ネトサヨ
これも当初と今では相当ずれています。

愛国ありきの反韓だったのが、
今では反韓がメインになっています。
一時期は愛国心のある戦士のように扱われてましたが
今ではそりゃ、ただの『ご自宅戦隊ハンカン(反韓)ダー』として
日本人相手に韓国人の悪口を書いているだけと言われても
何ら反論できなくなってしまっています。
それこそ、韓国の掲示板で韓国人に対して
慰安婦問題や竹島問題で言い負かすぐらいしてくれれば
皆認めると思いますが・・・そういう気持ちはないのでしょう。

平和という言葉を武器にして、日本を批判していたネトサヨは
今では平和や安全ということよりも、日本を批判するためや
他国を持ち上げたいために、平和ではないこと
安全ではないことがあった時に、それがきっかけになると
喜んで「メシウマ!」とか書いてしまってます。

だから「嫌い」が先に出てしまうのは最悪ですし、
「嫌い」の対になる「好き」という柱が無かったら
何にもなりません。

少し心配なのは311以降の反原発運動もそうで、
これまで特に思想が無かった人が、原発が嫌いだ
ということだけで生き甲斐を見つけてしまったように、
日常そっちのけで運動に興じてしまっていることを
見かけることがでてきたことです。

原発推進者は正直「金」が好きだから
それに対して妨害する反原発を「嫌い」といい見方で
行動しているわけで、それはそれで糞なのですが、
「嫌い」ということに対して「盲目」になるほど
怖いこともないのです。

「嫌い」だけで行動している人が心配になるのは、
その嫌いな対象をやっつけてしまった時です。

中々そういうことは起きないと思いますが、
例えば野球人気が無くなってしまい、存在が消えた場合、
アンチ野球だけで生きている人は「やったぜ!俺の勝利!」と
一瞬思った後に、何も無くなってしまうのではないか?

サッカーが好きすぎて野球アンチになった人であれば
野球が消えればサッカーが取り上げられることが増えて
ただ嬉しいだけでしょう(いや、それでも少し寂しいのかもしれないが)。


さて、そんな今の日本人について考えてしまうと怖いのが
「嫌い」で動いている人の「行動力」です。

これが非常に高い。

何かを「好き」になって動いてくれれば、
様々な事柄が大幅に進化するのでは?と思うぐらい
彼らの行動力は卓越しています。

選挙での投票率も高い層なのではないかと思います。

そこで、これからの選挙で当選したいだけなら
「何々の為に何々をする」ということではなくて
「これが嫌いだからこれをやっつける」というアピールを
していけば簡単に投票が増えるだろうと思うのです(笑)


「私はタバコが嫌いです!
嫌煙家の皆さん、力を貸してください!」

これで過剰な嫌煙家の人は全て支持してくれるでしょう。

「タバコは健康を損なうから・・・」
なんて、相手を気遣うことを言ってはいけません。

「副流煙は僕の体に悪い、あいつらなんてどうでもいい」

というスタンスのほうがウケが良いでしょう。

これで当選間違いなしです。


韓国や中国や北朝鮮、これらの国の問題は
自国に対しての不満のぶつけ先がないので
日本への「嫌い」だけで行動していることで、
根本に愛国心が無い(薄い)から、手がつけられない
ということが、日本人から見て不愉快だったはずです。

やり場の無い怒りや、自分の不満を
他国にぶつけるという行動ですからね。

日本だけはそういう国民性じゃないと思っていたら、
モノの見事に同じ事をする人が増えてきてしまった。

アジア以外の諸外国から見た時に
本当に「アジア人ってさぁ・・・」と一括りにされる日も
近くなってきているように感じてしまいます。


嫌いという意志でつながった「絆」
いかがなものでしょうか?

そういえば「絆」が人の繋がりを意味するようになったのは
比較的最近のことらしいです。

元々の意味は家畜を通りがかりの立木につないでおくための綱。
または、しがらみ、呪縛、束縛の意味に使われていたそうです。


嫌いという繋がりで生まれる絆って
まさにこの「しがらみ、呪縛、束縛」なんじゃないですか?


ま、そういう人達に
「俺は嫌いな物を攻撃するのが「好き」なんだ」
と言われたらそれまでの話なんですけどね。



[PR]
by head-and-hand | 2012-11-27 23:22 | 日記

DAINICHI FX-52R2

e0207504_0345380.jpg


渋い、渋すぎる。

暖かいだけならどんなストーブでも
叶えてくれますが、見た目に関しては
似たり寄ったりなものばかり。

しかし売り場で一際輝いていたこいつは
見た目がかなり渋いです。

外気温が低い時はエアコンの効果が弱くなるので、
冬場は気温に合わせてエアコンとストーブを
使い分けている我が家ですが、このストーブは
外気温5度から20度にするのが16分と強烈なので、
もし停電になっても、復旧したら即温めれるのも魅力。

今年は暖冬予測が最近になって低温傾向に
予測が変わっただけに、お世話になる頻度が多そうです。





[PR]
by head-and-hand | 2012-11-27 01:05 | 日記
小林よしのり氏が「子どもたちの基礎だ」
と言うように、子供の頃の私自身にとっても
かなり影響があった藤子不二雄氏のドラえもん。

劇場版の『ドラえもん のび太の宇宙小戦争』は
私の人生で最初に涙した映画ですし、
またこの映画の主題歌である武田鉄矢の『少年期』が
素晴らしい名曲で、音楽で感動したのもこの映画が
初めてだったのではないかと思います。

何せ当時5~6歳ぐらいでしょうからね。
確かにドラえもんは私の基礎の一部になっているのでしょう。
その後、金八先生にハマっていくという流れに関しても
幼い頃に聴いたこの少年期の影響もありそうですから。


さて、そんなドラえもんの先日放送分が
かなり面白い内容でした。

まず、ドラえもんが例によってのび太に
秘密道具を渡すのですが、これが夢も希望ない
ただの「ミサイル」なのです。

このミサイルは配備しておくと、ボタン1つで
相手に飛んでいく兵器なのですが、
のび太はジャイアンとスネオが悪いことをしたら
これで攻撃をするんですね。

ただ、力を持ったのび太は
「あいつら悪いことしねぇかなぁ」という考えも
心のどこかに芽生えてきます。

さて、しかしここで頭脳派スネオが
その秘密に気がついて、ミサイルの半分を奪い
自分達もそのミサイルを設置してのび太に攻撃します。

困ったのび太はドラえもんに泣きつきますが、
そこで出てくるのが、地対空迎撃ミサイル的なアイテムで、
これを使うことで、例のミサイルが怪しい飛行物体を迎撃する
兵器になるのですが・・・

これもスネオ達が奪ったしまうわけです。


さぁ、ジャイアンとスネオVSのび太での睨み合い。

どちらも攻撃するリスクがありますし、
お互いの武器が相手への抑止力にもなっています。

片方が撃てばただでは済まない、
いつも皆が遊んでいるあの穏やかな公園が
緊張感に包まれるのです・・・


ここでドラえもんが登場して
ミサイルのスイッチをジャイアンとスネオから
そしてのび太からも回収をします。

これで平和が訪れて、3人は仲良くなり
その公園で野球を始めるのですが・・・
実は大オチがまだ残っていました。

ジャイアンが打ったボールに
設置してあるミサイルが反応して
30発からのミサイルが、公園の上空に飛んできて
のび太、ジャイアン、スネオ、ドラえもんがいる
公園に落ちて・・・

ここで画面が真っ白になり終わり。

ドラえもんシリーズで稀に見ることができる
「ブラックジョーク系」の話です。

私の記憶が正しければ、コミックスでも
呼んだことがある内容だったのですが、
なぜ今のタイミングでこの話をアニメ放映したのだろうか?

何にしても、子供に見せたい内容というよりは
大人に見せたい内容の深いエピソードでした。


ドラえもんには怖い道具が結構出てきます。
「なんでドラえもんはそれを未来デパートで買ったの?」
と思うとゾッとすることもあるんですよ。

『悪魔のパスポート』なんて「なんでもやり放題になる」
という恐ろしい物ですし、『どくさいスイッチ』とかも
相当怖い道具です、何せ嫌いな人を消せますから。

『捨て犬だんご』なんて、ペットを捨てる為の道具ですからね?
これは人間にも効果があるので、実際にあったら
「ひきこもりの息子」とか「嫌いな旦那さん」に食べさせるだけで
消え失せてくれるわけです。

『地球破壊爆弾』なんて恐ろしい道具もありますしね。

怖いセリフも多いですし、大人になってから触れる
ドラえもんは幼い頃に感じたドラえもんと
気がつくところが全く違うから面白いです。


もちろん、名言もあります。
最も印象に残っているのがこの言葉。

『どっちも自分が正しいと思ってるよ。戦争なんてそんなもんだよ。』

ドラえもんは凄いです。


[PR]
by head-and-hand | 2012-11-26 04:36 | 日記

by 博徒TY