地球から見りゃ微生物が書いてるブログ

headahand.exblog.jp

株式会社テイクアップアームズ 代表取締役であり競馬本作家& ライターをしている竹内のブログ

<   2013年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

思い込み

人間は思い込みをすることがあります。
それって脳みそがデカイからだと思ってましたが
ウサギも思い込みをするようです。

我が家のウサギスペースはサークルを横に伸ばして
部屋を区切っているのですが、元々使っていたサークルは
高さが60センチぐらいで、ウサギ♀は軽く飛び越えて脱走してました。

ある日から高さが90センチぐらいのサークルに変更した時のこと。

どう見たって飛べないぐらいの高さなのに
いつも通りにジャンプし落下。

ドジなんですが、賢さが生んだドジのような気がしませんか?

応援してね!人気ブログランキングへ
[PR]
by head-and-hand | 2013-09-29 23:28 | ウサギ

新日神戸大会

今回はニコ生で観戦。

ここ最近外れのない新日の大きな大会ですが・・・
今回だけは正直なところ微妙でした。

NWAのタイトル戦にライガーが挑戦しましたが
中盤から終盤の間ぐらいの雰囲気のところで
例によってしょっぱい元NWAチャンピオンの地味な
必殺技で負けて盛り下がり。

矢野と鈴木みのるのシングルマッチは
矢野の上手さと面白さが光ってましたが
新日本隊VSバレットクラブの試合は
地方大会レベルの内容。

永田中西VS桜庭柴田の試合も
桜庭柴田が無駄にプロレス慣れし過ぎたせいで
参戦当初から今年のドームぐらいまでの
殺伐感が無くなってしまって・・・

G1王者の内藤哲也と田中将斗のタイトル戦は
今回も田中の良さと凄さが目立ってしまって
結果的には内藤が勝ち、NEVER王者になりましたが
最近のもたもたしたグロリアからのスターダストプレス一発で
唐突に終わる感じがどうも盛り下がってしまうように感じる。

90年代から見ているプロレスファンだと
やはり武藤敬司のムーブのままの部分も気になるので
ヒール時代みたいなオリジナリティの強いプロレスをするほうが
内藤哲也というキャラが立つと思うのですが。

現在は内藤が1月4日のドームのメインでIWGP挑戦する
権利書をもっているわけですが、ここから3ヶ月で三段階ぐらい
進化してくれないとドームの期待ができないなぁという印象です。

中邑とベンジャミンの試合は内容はまぁいつも通りで
中邑が防衛して、試合後にノアの丸藤が挑戦表明。

現在の新日は・・・というかネット文化が発展するとともに
どんなジャンルもファンが閉鎖的になっていますから
これには不満がある人が多いような気がします。

ただ見る限りブーイングもなく、中邑と丸藤には一応
いくつかの伏線があるので、このタイトル戦は楽しみです。

逆にここで挑戦表明がなかったら
何も感じないタイトル戦で中邑とベンジャミンの試合が
終わっていたのでまぁ救われているのではないかと。

メインはオカダカズチカと小島聡の試合。

小島はG1でオカダカズチカに勝ち
そして前哨戦なども結果を出していましたが
小島の言う「レインメーカーは当たらない」という発言と
実際に小島にはレインメーカーが当たらないということから
このタイトル戦では、小島が勝つのかもしくは
オカダカズチカが新必殺技や封印したままのジャーマンスープレックスを
出すのではないかと多くのファンが期待していた試合。

内容は欠場している天山のモンゴリアンチョップや
アナコンダバイスを小島が使うなど(これがどうみても天山より上手い)
友情が見えるシーンがあり盛り上がって終盤に行きましたが、

・・・普通にレインメーカーを食らって小島が負けるという
先月のG1からの流れが何の意味もなくなる結末に。

試合後には棚橋弘至がオカダカズチカに挑戦表明しましたが
これは「また棚橋とオカダかー」といつもの私なら思うはずです。

しかし、今回だけは違いました。

というのも、この神戸大会で棚橋弘至とプリンス・デヴィットの
ランバージャックマッチがかなり面白い試合内容で
映像で見る限り大盛り上がりでしたし、PC越しに見ていても
面白い内容だったんですね。

で、メインが終わって最初に思ったのが
『なんだかんだで棚橋がエースだわ』と。

棚橋王者時代はマンネリ化を感じてましたが
長期政権でもあの程度のマンネリ化しかしなかった
ということにようやく気が付きました。

他の選手が棚橋と同じ時間チャンピオンだったら
とっくの昔に猛烈なマンネリ化していることでしょう。

恐らく次の両国大会は

オカダカズチカVS棚橋弘至
中邑真輔VS丸藤正道
内藤哲也VS高橋裕二郎
永田裕志VS桜庭和志

この4カードは確定だと思いますが
オカダVS棚橋がメインにあれば
マンネリカードと言えども90点以上確実に取れるわけなので
そういう安心感があるから組むということなのでしょうね。

永田と桜庭はここまでの流れで永田が勝つでしょうし
内藤と高橋なんて、高橋が勝ってドーム権利証とNEVERを
取るわけがない上に、拍手が起こるような試合内容になるとは
とても思えないですから、やはり棚橋が背負ってオカダがレア感を出して
中邑が裏のエースとして存在するということを見せる大会になると思います。

これが明確なので、新日的には今冒険できずに
当たり前の結果が当たり前に続いているだけになっているので
どこで転換期が来るのか?というのはファンからすると楽しみですね。

プロレスは終わらないドラマです。
僕が見だしてから20年以上ずっとドラマとして続いて繋がってます。

ただ、これが変わらないドラマの時期が長く続くと
「ここからここまでの時期を切り取っても、何も問題なく今につながる」
という時期が出てしまうと、勿体無いと思うのです。

永遠の若さがあるわけじゃないですからね。



応援してね!人気ブログランキングへ
[PR]
by head-and-hand | 2013-09-29 20:56 | プロレス

遊ぶと老けない説

昨晩、仕事の話しがあったので
久々に元々働いていていた実家のスナックに行きました。

当時お世話になったお客様とも
7年ぶりに再会したのですが・・・

全然変わってないでやんの。

こっちはきっちり7年分老けてると思うのですが
やはり若い頃から飲み歩いている人達は
あまり老けないってのは本当なのかもしれません(笑)




応援してね!人気ブログランキングへ
[PR]
by head-and-hand | 2013-09-25 10:47 | 日記

タヌキ発見

車で走っていたら、中央分離帯の辺りから
1つの黒い影が通過。
それを応用に4~5匹の団体さんが通過したので
車をとめて見るとタヌキさんでした。

e0207504_657017.jpg
e0207504_6565276.jpg


ってゆーか、アライグマかな?



応援してね!人気ブログランキングへ
[PR]
by head-and-hand | 2013-09-24 06:58 | 日記

情報社会の情報崩壊

モデルの菜々緒(24)が、俳優の玉木宏(33)が受けた「ツイッター被害」についてツイッターで意見している。クレジットカードのレシートが買い物先(成田空港土産物店)の店員によってツイッターに晒され...
俳優玉木宏が買い物をした時の
クレジットカードの控えを、店員がTwitterで晒した

そんな一昔前なら驚くようなニュースがありました。

・・・「またか」「バカッターがやらかした」

なんて言葉で終わってしまう世の中になっているのが
異常事態ということに気が付かないといけないです。


情報というのはネットの普及で爆発的に広がるようになりました。

2ちゃんねるも情報の宝庫でしたし
そこからブログなどができて、個人から個人へ
個人から世間への情報配信ができるようになりました。

ただ、Winnyなどで拡散された「情報」というのは
対価を払うことで手にするような情報も多かったですし
今は2ちゃんねるでもブログでも、平気で対価ありきの情報を
無料で提供しあったり晒したりするようになったわけです。

これは私の仮説ですが、
元々ネットは情報を配信できるような人(知識などが豊富)が
情報を発信していた割合が多かったのに、
それが徐々に、ネットしか無い人が増えてきたことで
人の情報や出してはいけない情報を晒したりするように
なってしまったのではないか?と思うのです。

そろそろ法整備しないといけないですね。

馬鹿は大馬鹿に憧れる傾向があるというのは
今年の一連のTwitter事件で感じますし
これで大馬鹿が増えて、大馬鹿が更なる糞馬鹿になろうとしだすと
もう止めようがなくなってしまいます。

が、自民党はネットに対して厳しく・・・しなさそうな予感がするので
解決は遠いのかなと思います。

と言っても民主党がネットに対して厳しくしたとしたら
今度は都合の良い形になりそうで困るし(笑)

応援してね!人気ブログランキングへ
[PR]
by head-and-hand | 2013-09-23 19:54 | 日記
・ドラゴンボールZ 神と神


33歳の私からすると、ドラゴンボールという漫画/アニメは
完全にどっぷり使った世代です。

今の20代後半~40代前半ぐらいの人の中には
悟空と一緒に育った、なんて人も多いことでしょう。

悟空の純粋さ、仲間と一緒に冒険すること
仲間の大切さ、そんなことを教えてくれました。

レッドリボン軍、ピッコロ大魔王、サイヤ人襲来
フリーザ、セル、人造人間、魔人ブウ・・・と
どんどん強い敵が出てきても悟空はいつも限界を超えて
なんとかしてくれるという希望がありましたし、
元気玉という発想は本当に人間がリアルに持っていないと
いけないような物なんだと今になって思います。

さて、そんなドラゴンボール(Z)が終わってから
かなり長い月日が流れました。

少年ジャンプのサイトで

『最強始動 D』

という文字を見た時は、ドラゴンボールだと確信して
震えるぐらいの興奮をしました。

そしてそれは「ドラゴンボールZ 神と神」という映画となり
世に出てきてくれました。

今回の映画は鳥山明氏ががっつり加わっているので
過去の映画のように、ドラゴンボールのキャラを使った映画
ではなく、本当の意味でのドラゴンボールになっている
ということは本当に大きいと感じました。

それは、鳥山明氏ならではのギャグ要素だったり
震災を受けての絆だったり、というところに強く感じました。

今回の映画は「破壊神ビルス」という破壊の神が
夢で見たという「スーパーサイヤ人ゴッド」を探しに
地球に来るのですが、到着した場所がブルマの誕生日会をしている会場。

会場はドラゴンボールオールスター感謝祭状態で
和気あいあいとしているのですが、ベジータだけは
界王に言われてビルスの恐ろしさについて知っているので
ビルスが起こらないように、プライドを捨てて
踊ったり歌ったりとベジータファンは涙が出るような努力をします。

でも、これってプライドを捨ててまで仲間や家族を守りたいから
ということからなのです、あのベジータ王子がですよ。

そんなに頑張ったのに、結局ひょんなことからビルスが切れて
暴れだすのですが、魔人ブウやピッコロやご飯、天津飯達では
当然のように歯が立ちません。

何せこのビルスは映画の冒頭でスーパーサイヤ人3になり
ガチで勝負した悟空を軽く二発で半殺しにしているぐらい
ケタ違いの存在だからです。

それをベジータは聞いていたので止めようとするのですが、
今や仲間であるピッコロ達がやられて我慢できるほど
サイヤ人の誇りを捨ててないベジータも勝負を挑みます。

しかし、あっさりベジータもやられてしまう。

そこへ孫悟天とトランクスがフュージョンしたゴテンクスが登場するも
全く相手にならず敗北。

ここで、軽く酔っ払ったブルマがビルスに文句を言うと
ビルスがブルマにビンタをするわけですが・・・


こっからですよ!!

この映画はベジータの映画であるという声も多い理由は!!


それを見て切れたベジータが、あのベジータが

「よくも俺のブルマをー!!」

と叫び、ビルスに突っかかるわけですが
これがそこそこの善戦(悟空よりも)するぐらいの覚醒をするわけです。

もうこれはベジータの友情物語&家族愛物語&夫婦愛物語ですよ。

ベジータファンならずとも、ドラゴンボールファンは
漫画で進んでいたベジータの成長ストーリーの
本当の結末を見れて感動したことでしょう。

ラスト付近のシーンでは、悟空も周囲も「ベジータが悟空を超えた」
ということを認めますし、それと合わせてブルマの件で怒ったことを
冷やかされて照れるベジータという絵は最高でした。

映画の結末的には伏線があるというか、
人間が敵わない相手はいるけど、運命を変えることはできる
というようなことを感じる終わり方をしているように見えますが、
それでも悟空やベジータならまだまだ試練を超えていくような
物語が待っていても不思議ではないと感じました。


悟空は純粋に強い奴と戦いたいという
子供が大人になったような存在。
その純粋さが自然と人を守っているという印象です。
(危険にすることも多々ありますが)

ベジータはプライドの問題で悟空を超えたいと
頑張ってもそれは叶わなかった。
でも、いつの間にかプライドを捨てても
純粋に仲間や家族を守りたいという大人になったことで
瞬間的ではあれ悟空を超えることができた。

この関係性を映画にしたというのは
初期からドラゴンボールを見ている人は涙腺が緩みますよ。

また、破壊神ビルスが絶対的な悪ではないというところも
実際の世の中に置き換えても面白い映画でした。


声優さん達が高齢になっているだけに、
もう1本、最後に本当の有終の美となる
ドラゴンボール映画が見たいなぁと思います。

てか・・・漫画書いちゃえよ鳥山先生!

悟空が与えるワクワク感は国宝級ですからね。


応援してね!人気ブログランキングへ
[PR]
by head-and-hand | 2013-09-21 18:51 | 映画・DVD

台風のボケ

土日月と中央競馬は三日間の開催でした。

これ、馬券ファンはもちろんですが
馬券情報を配信する側にも相当辛いです。

前夜から作業なので金曜~月曜まで埋まる上に
次の金曜日までの間隔が減るのでかなりしんどくなります。

が・・・

今回は台風で月曜開催が中止で火曜日開催になり
同じような作業を月曜にしないといけないので・・・

金曜日~火曜日が作業、水木が空いてもう金曜日になるわけです。

遊び呆けているように見られがちですが
競馬以外のビジネス案件や人のサポートなどで
今猛烈なスケジュールになっているだけに
この1日の延期はかなりシンドいのです。


まぁ、体はとりあえず健康なのでなるようになるでしょう(笑)

体にダメージがあっても、人や動物のために
日々頑張っているS先生みたいな人もいるわけですから
私が泣き言を言っていてはいけないです。

明日も頑張るぞーーー!!


応援してね!人気ブログランキングへ
[PR]
by head-and-hand | 2013-09-16 22:55 | 日記

競馬最強の法則10月号

競馬最強の法則10月号発売中!



私の連載コーナー
「ミリオンダラーをMAKEする方法」
まだまだ続いております。


応援してね!人気ブログランキングへ
[PR]
by head-and-hand | 2013-09-15 00:21 | 競馬

大きな課題が更に大きく

社会、芸能、スポーツ、海外などニュース速報に加え、エキサイト独自の明日使えるコネタ、びっくりニュースも配信中。
2020年の東京オリンピックが決定し
何となく明るい気分になったのは一瞬。

なぜなら、日本という国は現時点で
爆弾を抱えすぎている状態だからです。

プロレスラーで言うなら、
蝶野の首や武藤の膝のような
それはそれは大きな爆弾です。

まず、安倍総理が言い放った原発の安全性ですが
東電側はそれを早速否定していますし、
何より今現在でも放射能を垂れ流している状態で
にっちもさっちもいかない現実があります。

半壊している原発があるという事実もあれば、
M9クラスの地震が起きたわりには、
あまりにもその後は平穏で、特大の余震が起こってません。

通常はこれが起こるこの方が多いわけですが
今それが来たら原発はどうなるのでしょう?

他にも、領土問題に関しては一切の解決がなく
(※領土"問題"にしているのは他国ですが)
このまま何も変わらないのであれば、
オリンピックに政治が持ち込まれるというような
不愉快なことも目にしなくてはいけません。

ホスト国としてはこういう問題を解決しておかないと
「今の日本」を選んでくれた人(世界)に失礼です。

また、緊迫するシリア情勢に関しても
アメリカが行動をすれば、日本は即座に賛同の声を上げることでしょう。

日本国内でのテロに繋がるような可能性が
高まるようなことはないのでしょうか?

オリンピックが決定してゴールではありません。
決定したここからがスタートなわけです。

明るいムードにしたいのはわかりますが、
お祭り騒ぎするのは2020年。

2020年にお祭り騒ぎをできるような日本を
ぜひ政治屋ではなく政治家の方にしていただきたいものです。



応援してね!人気ブログランキングへ
[PR]
by head-and-hand | 2013-09-10 02:48 | 日記

悪の教典

悪の教典


チッチチーチッチチーチッチチーチッチチー

そんな音が耳から離れなくなりました。

悪の教典。
バトルロワイヤルが好きだったので気になってはいましたが、
ようやく観ることができました。

感想は・・・なぜか爽快感?

ホラー映画好きで免疫があるかもしれませんが
それにしても内容を考えれば胸くそ悪くなっても
おかしくないわけです。

例えばミストとかファニーゲームとか
見終わってテンション下がるぐらいになるのが
当たり前のような感じもするのですが・・・

何せ、主人公の蓮見が罪の無い生徒たちを
ショットガンで次々と殺していくのですから
いくら途中で山田孝之のパンツ匂い嗅ぎシーンがあって
笑いが生まれるといっても、普通なら胸糞悪いですよ。

ただ、わりと伏線を上手く見せていることや
生徒たちに生活感が無い(親とかがあまり出てこない)ので
殺戮シーンに深さがないことが、不快感どころか
爽快感を生んでいるのかな?と感じました。

殺戮エンターテイメントという感じで
これを見たから子供に悪影響が、なんてこともまずないでしょう。
というかR15指定ですけどね(笑)

主演の伊藤英明の演技は一見の価値がありますし
二階堂ふみと染谷将太はヒミズでも見たコンビですが
この二人は雰囲気が好きなのと、暗さがにじみ出ているので
映画にハマってるなーという印象でした。


ところで、役名が何人か
漫画じゃじゃ馬グルーミンアップのキャラと
似ていたりするのはなぜなんだろう?



応援してね!人気ブログランキングへ
[PR]
by head-and-hand | 2013-09-08 20:33 | 映画・DVD

by 博徒TY