地球から見りゃ微生物が書いてるブログ

headahand.exblog.jp

株式会社テイクアップアームズ 代表取締役であり競馬本作家& ライターをしている竹内のブログ

バイオハザード6 酔い止め必須か?

バイオハザード6を購入と同時ぐらいに
左手首が限界を迎えたわけですが、
それでもコツコツと進めています。



TFCC損傷&靭帯損傷&血管炎症で
ゲームやるのもどうかと思われそうですが、
数ヶ月治らない可能性が高く、治る可能性も
100%じゃないだけに、今の状態でサポーターつけて
なんでもやれないといけないので・・・という理由を元に
プレーしてます。

一応Normalモードでレオン編とクリス編をクリア。

どちらもラスボスが鬱陶しいですが、
それ以外は爽快感もありますし、怖さもあるので
自分みたいにバイオハザード1からプレーしてても
楽しめる内容にはなっていると感じます。

ただ、問題は・・・画面に酔う人が多いということ。

自分は体験版の時に最初の数時間は酔いましたが
その後、すぐ平気になったので良かったですけど、
従兄弟のM史や我が家のデンジャラスクイーンY子は
相当酔うのでまともにプレーが出来てない様子。

操作がややしにくいので
自分の思ったカメラワークにできないことから
酔うんじゃないかと思うのですが
個人的には解決策があるのでご紹介しておきます。

まず、ゲーム操作に関して
コントロール設定を一部クラシックにします。

左ステックで移動、右でカメラにして
移動中はキャラを操作する感覚ではなくて
キャラは真っ直ぐ移動+カメラの視点変更で進路を変更する
という感じにしたら自分は酔わなくなりました。

後は、移動中のカメラを上下補正無しにすると
走りだしで「おえっ」てならなくなりましたよ。

本来自分は3D酔いが酷くて、
スカイリム、オブリビオン、フォールアウトと
大好きなこの3つのゲームはプレー時間50時間ぐらいまで
かなり酔いましたから、人によって相性もあるんでしょうけど
やはり思うように動かせるかどうか?で酔う程度は変わると思います。


今はジェイク編のChapter1ですが、
このキャラはプロレスファンにはたまりません。

近接攻撃の投げ技に、スタイナーブラザーズばりの
投げっぱなしジャーマンがありますし、
二代目ブラックタイガーばりのスイングDDTもありますから(笑)


[PR]
by head-and-hand | 2012-10-20 01:21 | ゲーム