地球から見りゃ微生物が書いてるブログ

headahand.exblog.jp

株式会社テイクアップアームズ 代表取締役であり競馬本作家& ライターをしている竹内のブログ

<   2013年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

宇宙人王さんとの遭遇

◇宇宙人王さんとの遭遇




国家機関から極秘の高給オファーを受けた
中国人翻訳家の女性が、ある暗い一室で中国語を話す
王という何らかの容疑者の通訳をすることになる。

しかし、あることから部屋の電気を付けると
そこには「モロ宇宙人」な生き物がおり・・・

という感じで始まる映画ですが、この宇宙人の王さんは
本当に大人しくて、愛嬌があって、取り調べでは「侵略者」だと
決めつけられて厳しい尋問や拷問を受けるのですが、
これがまた可哀想で・・・

と、視聴者の私が思っていたところ
画面の中の中国語翻訳家もそう思っていたようで、
王さんを救出しようとするのですが、その救出作戦のシーン以外は
同じ取り調べ室で、同じような会話が続くだけなので
正直B級映画慣れしてない人はここで疲れるはずです(笑)

でも、途中で消さないでください。

衝撃のラストが待ってますので・・・


これ、ある意味教訓的な映画なんですよ。
差別的というか、区別的というか、なぜ宇宙人に
中国語を喋らせたのか?ってところが、
最後の最後にわかります。


・ランキング参加中 ポチッと応援を!

[PR]
by head-and-hand | 2013-02-28 08:12 | 映画・DVD

ムカデ人間2

◇ムカデ人間2



前作のムカデ人間は、その常軌を逸した設定や内容と
主演のDIETER LASERの風貌とカリスマ性があったので、
かなり面白い内容でしたが・・・この続編はいまいちでした。

いや、前作よりエグさは増してますし
グロさも勝っているのですが、ホラー映画というのは
やはり犯人や怪物や幽霊や悪魔が、カリスマ性やオーラが無いと
いけないんじゃないかな?と思う私だけに、今回の主演である
ローレンス・R・ハーヴェイはやや物足りない。

風貌は最高級の気持ち悪さですし、
今作は「映画ムカデ人間(前作)を見た一人の気持ち悪い男が
その虜になり、自分でも同じ事がしたい」という設定なので
ダメ男がそれを実行するというのも問題無いのですが、
どうしてもそのショッパさに気持ちが入らない。

身長135センチぐらいで、屈むのも苦労するぐらいのデブなのに
次々と奇跡的な攻撃で実験用の人間を10人以上集めて
運んでいくのですから、リアリティを求めてないにしても
その時点で「なんだこれ?」という感じです。

時折、こいつが実験を失敗して
「ムカデ人間」にする前に相手を殺してしまって
悔し泣きするシーンとかはホラーコメディになってしまいますし
今一つこれぞという見せ場もない。

前作の被験者だった3人をオーディションと偽って
呼びだそうとする(1人は実際に来る)のですが、
まともな会話もできない主人公が、どうやってそんなオファーを
したのかもいまいちなところです。

ただ、仮に続編で「他にも協力者がいた」的な展開なら
面白い3部作にはなるんじゃないかと思います。

・ランキング参加中 ポチッと応援を!

[PR]
by head-and-hand | 2013-02-26 01:41 | 映画・DVD

ひっかけ問題

ひっかけ問題というジャンルって
なぞなぞに近い物とか、面白いゲーム感覚の物は
娯楽の1つだと思うのですが、今思い返すと
学校のテストとか教習所の学科試験の中の
「理解していて応えもわかっている人を騙すだけ」
というひっかけ問題って何のためにあったんだろう?
なんて思います。

例えば、信号が赤なら止まらないといけないと
理解している人に対して、文章をわかりにくくしたり
まどろっこしい感じにすることによって、
無理やり「赤なのに進んだ~ヤーイヤーイ」と言う
何の意味もない問題があったりするわけです。

そんな瞬間、現実で目の前では起こらないでしょう。

「よく問題を読める落ち着きを測定するため」
なんて理由なのかもしれませんが・・・

いやいや
即座に正しい答えを素直に出せるほうが
大切だと思うんですけどねぇ。


・ランキング参加中 ポチッと応援を!

[PR]
by head-and-hand | 2013-02-21 05:07 | 日記
ニュルンベルクに移籍した元グランパス所属の
金崎夢生がついに昨晩ニュルンベルクでデビューしました。

グランパスの試合で生で何度も見た選手だけに
思い入れも大きく、親心的に見ていましたが・・・
よくやった!というプレーを随所で見せてくれました。

特に後半ロスタイム、右から仕掛けて一人抜いて
出したパスが得点に繋がったシーンは叫びました(笑)

ブンデスリーガーに所属している日本人選手は
現在かなり多くなり、見ていると本当に誇らしいです。

昨晩で言えば、ニュルンベルクに金崎夢生と清武
相手のハノーファーには酒井宏樹が所属して
同時に走り回っているわけですから、ワクワクします。

来週末はニュルンベルクとシュツットガルトの試合なので
金崎 清武 VS 岡崎 酒井高徳
ということになる可能性もありますから、更に楽しみです。

香川はブンデスからいなくなりましたが、
日本人旋風が起こるのはこれからですね。


・ランキング参加中 ポチッと応援を!

[PR]
by head-and-hand | 2013-02-18 19:38 | サッカー

S医師とリンク

お世話になっているS医師のブログを見たら
「iPhoneに変えたどー」との記事が。

お互い、ガラケー族として生きていこうと
盃をかわした日もあったのに・・・

って、実は私も先週iPhone5を購入してたりします(笑)

ガラケーは保持したままで新規契約なのですが
まだ番号を知る人間は一人だけ状態。

理由?使い方が覚えられてないからです(笑)

LINEとか全然わからないのですが
今週中にはインスコして使ってみる予定なので
S先生他、様々な人に番号を送らないとね。


・ランキング参加中 ポチッと応援を!

[PR]
by head-and-hand | 2013-02-17 19:22 | 日記
本日、2月13日発売の競馬最強の法則3月号に
私の書籍ミリオンダラー馬券術を、競馬最強の法則が
ソフト化して公開したミリオンダラーMAKERについての
特集がカラー2ページで掲載されております。

久々に写真入りでカラーページなので嬉しいです(笑)

ま、記事はソフトの宣伝記事ですけど
宣伝しないわけにはいかないでしょうから、
今回はこういう内容でいいでしょう^^;

年内に別ネタを持って、また新しい方法論を
世に出せればいいなぁとも思ってますし、
とりあえず、雑誌メディアは競馬最強の法則様、
書籍はベストセラーズ様、これは浮気せずに
今後も活動していけるといいなと思ってます(笑)


[PR]
by head-and-hand | 2013-02-13 05:52 | 仕事

核実験

北朝鮮は12日、3度目の地下核実験を「成功裏に行った」と明らかにした。朝鮮中央通信が伝えた。北朝鮮は2006年10月9日と09年5月25日に北東部咸鏡北道の豊渓里付近で核実験を実施しているが、金...
どうもアメリカには前日に予告していたようで、
中国にも予告していたなんて報道がされれますが、
また出来レースみたいなことなんでしょうか。

北朝鮮の脅威が明確になると
日本はアメリカに頼らざるをえないし
おとなり韓国もアメリカに頼らざるをえない。

結局アメリカは得する構図になりますからね。

これでまた日本が間抜け面で経済援助という名の
オヤジ狩りに合う流れならお話にならない。

でも、日本が少しでも厳し発言をするだけで
「軍靴の足音が・・・」となぜか日本を批判する
日本人がどこからともなく湧いてくるわけですよね。



・ランキング参加中 ポチッと応援を!

[PR]
by head-and-hand | 2013-02-12 16:07 | 日記

なんつーか

見た目がヤンキー系、そうでなくても
普通に今時の人だったら、不幸な事件の被害にあっても
ネット上では「メシウマ」とか言われて、
逆にオタク系とか、アニメ好きとかアイドルが好きとか、
モナーが好きとか、そういう人だと擁護が多いなんて、
2013年でもそういう感じなのか?と驚いてしまった。

なんか、ネット民というか匿名掲示板の住人さんは
何も考えずに「警察は敵」「ヤンキーは敵」「リア充は敵」「韓国は敵」
「民主党は敵」「アニオタは仲間」「自民党は神」「社民党はアホ」
みたいに区別してる傾向にありますけど、
元々、匿名掲示板って自分たちの頭で考えて
そこでネタ作ったり意見を書いたり行動したりしていたのが
凄く魅力な世界で、それこそリアル世界にも影響を生んだ
かなり素晴らしい文化だったと思うんですよ。

でも、ここ数年は考えることすら面倒な人が
大きな流れに身を任せようと飛び込んで行ってる
だけの人も多いように見えちゃうんですよ。

もちろん考えて行動している人達も沢山いるのですが・・・

正義感は強いのに善悪の区別がつかないような人が
異常に増えているのは困ったものです。

リアル世界で言うと左の運動家の中には
正義感の塊なのに、戦う相手を間違えている人とかいますよね。

ネットの中だとそれが右の人達の方が
割りと多く該当しているように感じるんです。

また、匿名掲示板ってあれほど面白くて、
それこそ、リアルでは暗いけど頭がよかったり
面白いことは思いつく人が花開いた場所で、
温かさもある場所だったのに、ここ数年は妙に
卑屈な人が増えちゃった感じがします。

卑屈というか「自分はダメなんだ」と思い込んでるというか・・・

だから、自分に似た感じの人が犯罪をした時に
応援しちゃったりしてたりするんでしょうけど、
「絶対、あんたはそんな奴と似てないでしょ」と思うんです。

そう思い込んでるだけだと思うんですよ。

それに、オタクの人とかって
嫌々オタクをしてませんから(笑)

何かが好きでそれに時間を使いたいから、
働いてお金を得て趣味に使って
そのために引きこもったりするのがオタクでしょ。

それの何が悪いんだ?負い目なんだ?ですよ。

そういう人達は胸を張ってればいいのに、
なぜか負い目を感じて、自分とは全く違うタイプの
ただのダメ人間が犯罪をおかした時に、
重ね合わせて擁護したりするんだろうけど、
何度も言うけど、オタクっ悪人でも罪人でもないんだから。

犯罪をした人は皆悪い。
それに何も自分を重ね合わせる必要は無い。

匿名掲示板が好きだからって、
匿名掲示板が好きな犯罪者に自分を重ね合わせる
必要なんてありゃしない。

堂々と匿名掲示板で楽しめばいいんですよ。

卑屈になる必要が無いのに、卑屈になる人が増えた。
これが今の日本のネット社会の小さな問題だと思います。

便所の落書きを書いてる奴が面白いとか、
便所の落書きを書いてる奴が楽しいとか
便所の落書きを書いてる奴がエネルギッシュとか
便所の落書きを書いてる奴が政治に興味があるとか
便所の落書きを書いてる奴が普通の平凡な奴とか

それなら十分楽しい場ですし
恥ずかしい場じゃないんです。

その便所の落書きから世の中が動いたりするんだから。

でも、

便所の落書きを書いてる奴が妬みと嫉みで生きてるだけの奴

こんなんばかりになったら、
ヤンキーがたむろする便所の100倍ぐらい怖いですからね。


・ランキング参加中 ポチッと応援を!

[PR]
by head-and-hand | 2013-02-12 06:21 | 日記

捨てた時間は元に戻らず

自分が死ぬ間際になったと想像すると、
「あと3日生きれたのに~」と叫ぶことになるであろう
対象となるのが今週だろうな。

自分の仕事というのは、PCが命になる。
特に、競馬関連のデータや資料や
原稿執筆業の資料や過去の原稿、
また他人の原稿(チェック役なので)などが
突然PCの故障で飛んだら終わりです。

もちろん、定期的にHDDにコピーしてますが
時間もかかるしリアルタイムではない。

このリスクを考えて、sugarSyncというソフトを導入し
メインPCからネット上へ保存しつつ、
サブPCにデータを同期させて常に2台メインPCが
あるような状況にしようとしたのですが・・・

「ざけんな」

というような状態になりました。

まず、ファイルのアップが遅すぎますし
データ関係でファイル数が多いフォルダに関しては
アップ中にフリーズ連発、更にPC自体も落ちてしまい
画面真っ暗からの強制終了連発。

他PCに同期するどころか、ネットにアップできたのが
最終的にマイドキュメントや画像ファイルの合計
140M程度だけで、Dドライブの競馬データ関連は
何一つアップできず。

年間契約しましたが、当然解約です。

これに丸二日間消費ですよ、
PCの調子も悪くなって復元しないといかなくなり
本当に最悪の時間を使うことになりました。

さて、同時進行に近い形なのですが
友人らから「流石にスマホ持ってよ」と言われるので
ガラケーは契約したまま、別でiPhoneを持つことに
したのですが・・・

マツコデラックスもよくTVで言っているように
今の携帯はサービスの名称などがわかりにくい。

大切なことは小さく書いていたりとかするし、
本当に携帯会社のたちが悪すぎますね。

で、softbankオンラインショップなら
カード決済ですぐ買えるということで
時間をかけて書くサービスを理解して
最後に申し込みを押したら・・・

「このカードは使えません」とのこと。

限度額には程遠いし、指定されている
カード会社だし、なぜ使えないのか?

softbankとカード会社にメール質問すると
「電話してくれ」との回答でしたが、電話しても
全然繋がらないし、受付時間も短いという
いつものパターン。

これでも時間を大幅に消費して
気がついたらもう金曜日の明け方です。

これだけの時間があれば、
サイト作ったり、今後のメルマガネタを考えたり
色々なことができたんですけどね。


仕方ないので、ショップに行くしかありませんが
また店頭でしょーもない不必要なサービスが
「必須です」とか嘘つかれて、切れたりしないといけないのが
想像に容易いわけですよ(笑)

鬱陶しいことだけは避けて生きていたんですけどね・・・
まぁ、そんなことは無理ですけどね(笑)



・ランキング参加中 ポチッと応援を!

[PR]
by head-and-hand | 2013-02-08 03:26 | 日記

書籍がソフト化

私の二冊目の著書、ミリオンダラー馬券術
(KKベストセラーズ)が、競馬最強の法則様の
運営制作でソフト化され、JRAVANにも登録されました。



この7年、全て自分の考えを自分で形にして
それを世に出してきてましたので、
自分の考えをここまで第三者に任せたのは
初めてのこととなります。

これはこれで面白くて、ソフトに関しても
制作に2年近くかかりましたが、
その間、世の中で私だけがモニターしている
という環境でしたし、ユーザー寄りの立場というのは
経験したことがなかったので良い経験でした。

このミリオンダラー馬券術は、別の名前で
2007年から公開を初めていて、それこそ
私のメルマガ読者様や競馬ブログの読者様は
もう5年以上知っている理論です。

その何千人の方の声や支持があったお陰で
雑誌特集され、書籍化され、WEBコンテンツ化され、
そしてフリーソフト化までになったわけですから、
私からすれば子供の成長を見ているようですし、
読者様から言われたのは「親戚の子の成長を見ているみたい」
という言葉からも、本当に大切な理論なんです。

中々、胡散臭いと思われがちの競馬関連コンテンツであり
本当に胡散臭いのも多い中(笑)で、こうやって多くの人が
自分の理論を世に色々な形で出そうをしていただけるまでに
なったのは、嬉しいという言葉では表せないぐらい嬉しいです。

まぁでもこれで満足せずに、三冊目・四冊目、
また競馬以外のジャンルでも更に活動したいと思っています。

TFCC損傷なんてクソ食らえの気持ちで!(笑)




・ランキング参加中 ポチッと応援を!

[PR]
by head-and-hand | 2013-02-04 15:48 | 仕事