地球から見りゃ微生物が書いてるブログ

headahand.exblog.jp

株式会社テイクアップアームズ 代表取締役であり競馬本作家& ライターをしている竹内のブログ

<   2013年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

勝ちも価値も色々

最近になり翼の生えたエンジェルS医師のブログで
ライガーVS鈴木みのるが、ガチルールで試合をした時の
話題が書いてありました。

この試合、経緯が色々あったのですが
簡単に言えば、元々は佐々木健介と鈴木みのるの
試合が目玉だったのに、健介が突然新日本を退団。

目玉を失った状態になったしまった時に
「じゃあ俺がやってやる!」と名乗りを見せたのが
怒りの獣神、ライガーだったのです。

ライガーと言えばジュニアのカリスマで
自分がプロレスを見始めた時から好きなレスラー。

喋りも戦いも素晴らしいですし、
何より、インディー団体などにも偏見がなく
様々な団体との垣根を超えたレスラーです。

ヘビー級との戦いも挑戦することがあり、
当時IWGPヘビーのチャンピオンだった
橋本真也とのシングルマッチで見せた
対ヘビー級ライガー(上半身裸)の時は、
普段は見えなかった上半身の凄さに
多くのファンが驚愕しました。

あの上背で橋本真也にライガーボムをしてしまう
そんな凄いレスラーです。

世界でも有名で、まさに世界のライガー。

さて、そんなライガーが佐々木健介のケツを拭く為に
鈴木みのるとの試合に望んだわけですが、
ライガーは骨法などを学んでおり、ガチでも強いですが
それでもガチを続けている鈴木みのるとは
総合ルールでは差があり、勝つことは難しい。

結果的にこの試合は鈴木みのるが勝つのですが・・・

「プロレスラーとしてライガーが勝った」
というS医師のコメント通りの内容なのです。

プロレスでもライガーの得意としている技
浴びせ蹴りをいきなり鈴木みのるにかまして、
それを避けられて負けたライガーですが、
浴びせ蹴りを出した瞬間に、レスラーライガーは勝ちなのです。

これはプロレスファンじゃないとわからないことですが、
結果が負けでも勝負に勝つという良いお手本だと思います。

そしてライガーはレスラーとしての価値を更に上げ、
それを感じた鈴木みのるはプロレスに帰ってくる、
そんなドラマがあったのです。


・・・鈴木みのると犬猿の仲なのは永田裕志ですが
年齢を考えると、鈴木みのると永田裕志、ライガー辺りで
組む形も見てみたいですね。

正直、今の鈴木軍は存在意義を失ってますし、
まだ新日でやるなら、そういうアクションはほしいところです。



応援してね!人気ブログランキングへ
[PR]
by head-and-hand | 2013-06-30 18:44 | プロレス

面白いなぁ



なんで古舘氏は読んでしまったんだ?

というか、これ古舘氏は何か意図的な気がするが・・・

視聴者に伝えたかったのか?
[PR]
by head-and-hand | 2013-06-28 19:11 | 日記

独学

恐らく自分は人から何かを教えてもらうのが苦手です。
そして人に何かを頼むこともあまり得意ではない。

ドラムは独学だったし、PC関連も大半が独学、
文章やマーケティングやセールスに関しては
尊敬している方に教えてもらいましたが、
そこからすぐに応用して変化をつけないと気が済まない。

独立して7年ぐらいになりますが、
一番苦戦したのがExcel。

競馬関連のデータを扱うために
Excelに関しては本当に泣きながら徹夜して勉強してましたから、
まぁ・・・正直そこそこできるようになりました。

ただ、先日、Excelの色々な機能を触っていたらですね・・・

「こんなことできたなら、過去7年で24時間×3ヶ月ぐらい
無駄にしてたのでは・・・」

ということがありまして・・・

こんなことは恐らく人に習っていたらできていたのでしょう。

今年のテーマは「足を使う」
ということで、本当色々な人に会ってますし
色々な会話から考えが生まれたりしていますが、
後半のテーマは「頭を柔らかく」にしようと思います。

人からの意見や教えをありがたくいただきつつ、
自分でもこれまでの固定した考えを崩して
より良い方法を考えていくようにすることが
今後の自分を決めるような気がしています。

にしてもなぁ・・・無駄にした時間が勿体無い。

3ヶ月分若くなったら、多少シワも減るんちゃうかな?(笑)


応援してね!人気ブログランキングへ
[PR]
by head-and-hand | 2013-06-24 20:02 | 仕事

勝てず

日本代表のコンフェデレーションズカップは
全敗した上に失点9という大敗に終わった。

最終戦のメキシコ戦は消化試合なので
結果はどうでもいいと思っていましたが、
その「どうでもいい」というのは、あくまでも
新鮮力を試して負けた場合の話。

しかしザッケローニは内田と酒井宏樹
吉田と栗原を変えるだけ。
累積出場停止の長谷部のところには
ついに高橋秀人を試すかと思ったら細貝を入れるという
中途半端な変更だけに留まった。

が、問題はそこからでしょう。

なぜか途中で酒井宏樹を内田と交代・・・
負けている中でDF同士の交代をするという采配。

さらには、バテて動けない本田の代わりに
走りまくっていた前田とDFの吉田麻也を交代。

前半終了時から足の付根にハリがあったという
長友との交代はせず、結果的に怪我で交代。

何がしたいのかわからない。

来月の東アジア選手権はさすがに
J組を中心に考えていると思いたいが
ザッケローニだと何をしでかすかわからない。

いや、何をしでかすか?ではなくて
何もしでかしてくれないことが問題なのでしょう。

負けが続いているから勝って評価を上げるために
東アジア選手権でチャレンジしない妥当なメンバーで行くのが
一番怖いことです。

なにせ相手は中国と韓国と豪州

今の日本の感情を考える、
そして韓国開催の中国戦と韓国戦ですから
ブーイングは相当でしょうし、例によって荒いサッカーをされるでしょう。

そんな中で日本が勝てば、ザッケローニ△なんて
空気になりかねないのが今の日本の国民性。

しかし待ってほしい。

選手にとってはもちろんだろうけど
サッカーファンにとってもW杯は4年に1回しかない。

僕が今33歳、後何回のW敗を見れるだろうか?
今高齢のサッカーファンの人からしたら
最後のW杯なのかもしれない。

サッカーも野球も、ファンの声というのは
影響力が小さくありません。

こんなんで拍手して「信じてます!」なんてことは
応援でもなんでもないと思うんですよね。

固定メンバー、固定応援、

これが運だ悪は「3年間の現状維持」です。

現状維持ということが世の中難しいことは
知っているのですが、それでは通用しないのが
勝負の世界。

ドイツW杯が終わり、中田英寿が一人孤独に
ピッチに倒れて泣いた。

イタリア戦の本田圭佑はそれが少しオーバーラップするような
表情と仕草をしていた。

香川も目が真っ赤だった。

来年見たい彼らの姿は、負けてもやり遂げた表情です。

それを作るのは監督の仕事ですからね。

マンネリを極めることは大切だと思いますが、
極められないマンネリほど不要なものはありません。

後1年で前者になるのか、後者になるのか
それとも別の道があるのか?

少なからずこの3本の道へ行く線路を作ることには
ファンの声、サポータの思いが入っているはずです。


応援してね!人気ブログランキングへ
[PR]
by head-and-hand | 2013-06-24 09:02 | サッカー
7月10日にデビュー曲「友達より大事な人」を発売し、歌手活動を開始する剛力彩芽。それに先駆け、同曲のプロモーションビデオが13日からYouTubeで公開されているが、そこに寄せられたコメントが炎...
もうね、最近の人達はちょっと面倒臭い。

急に出てくる芸能人にゴリ押しゴリ押し
急に出てくるミュージシャンにゴリ押しゴリ押し

五月蝿いっての。

芸能人=商品

この構図なんだから、売れると考えた結果
お金を使ってPRしたり売り込むわけでしょ。

ゴリ押しされる価値があるとプロがビジネスとして考えて
やることなんだし、そうじゃないケースの方が少ないでしょうに。

何でもかんでも口コミならいいのか?

そりゃ確かに街角で歌ってる弾き語りの兄ちゃんが
凄い実力だったりすることはあるよ。

だけど、それを見た人が「この人を世に出したい!」と思って
どんどんバックアップしてくれるかねぇ?
というか、してから物言ってるのかな?

韓流でもそうで、ゴリ押ししたのは
主婦層に需要があって、そこまでお金をかけずに
視聴率が取れてたからやっていたわけで、
そうでなくなったら減少したわけでしょう、
それが普通じゃないですか。

というか芸能人なんて寝る間も惜しんで
勉強してレッスンしてから時期を見て売り出すわけだし、
突然出てこない芸能人なんていないでしょ。

皆いきなり出てきますよ、そりゃそうだ
出てくる前は出てきてないんだから(笑)

芸能界以外でもそうで、売れると見込んだアイデアや商品だから
スポンサーがお金を出して売り込むことで、いきなり世に出てくるわけで
それをゴリ押しだからどうのこうのなんて言う方がおかしい。

ゴリ押しするから売れるんじゃなくて
売れる可能性が見込まれているからゴリ押ししてもらえるんでしょう。

僕の好きなプロレスでもそうですよ。

現チャンピオンのオカダカズチカはあの年齢で
今やトップになっていますが、トップにプッシュしてもらえるぐらいの
価値があると会社が考えたからプッシュしたわけです。

そしてそれは正解だったでしょう。

売れる見込みが無い商品を売るためにお金使いますか?
売れる見込みが無い商品にスポンサーがつきますか?

なんかね、正義を勘違いしたまま正義感を強く持った人が多すぎるというか
自分のストレスを謎の正義感という名前の誹謗中傷に変えて
たんなる悪人になってる人がこれだけいるなんておかしいと思うわけですよ。

力のある事務所(会社)に入れて、自分の商品(企画/アイデア)を
事務所がプッシュしてくれることを、悪いことのように言う人って
ビジネス自体を否定してますよね。

農家の人がキャベツを多めに作って手をかけて育てたら
ゴリ押しなんでしょう?
そんなに素晴らしく育って、先々を期待されているキャベツは悪で
何となく作られている少しのニンジンは正義、、、意味がわかりません。

価値があると思ってもらえる商品とそうでない商品を
常に同じにするというのが「平等」だと思っているなら
それは大きな間違いでしょう。

足が速い人も遅い人もオリンピックに出さないと不平等か?
電気屋では売れ筋商品と不人気商品を同じ並びの同じディスプレイに
飾らないといけないのか?

じゃあ逆に、日本のドラマの放送数と同じだけ
韓流や海外のドラマを放送しないと不平等か?

それこそ不平等でしょう。

ゴリ押しされても続かないことも沢山あります。
それは事務所の検討違いや、ゴリ押しされる商品のニーズが
世間に合わないとか、それが人間であれば成長力が無かったとか
実力がともなってきてくれなかった、ということで終わりです。

ごく一般的なビジネスの失敗でしょう。

これの何に腹を立ててるのか・・・
正義感を持つのは世のためになりますが、
正義感を満たしたいという欲望から、
悪でもなんでもないことを攻撃してるなんて醜いですよ。

イジメっ子達がイジメを正当化するために
理由なく原因を作り上げることと同じなんだから。


まぁ、こんな人達は当然ですが
自分がビジネスを始めたり、周りが認めてくれて
応援してくれたり売り込んでくれたりスポンサーがつくことになっても
全てお断りして、街角で手売りからスタートするのでしょう。

よくわからないけど頑張ってください。


応援してね!人気ブログランキングへ
[PR]
by head-and-hand | 2013-06-23 08:02 | 日記
自分の学生時代を思い返すと
中学生でポケベルを持たせてもらって
中3でPHS、高校で携帯に変えるみたいな
流れだったので、丁度コミュニケーションがしやすく
なり始めたぐらいの時期でした。

それから数年後にネットやらブログやらと
一気に進化したわけですが、学生時代にそうならなくてよかった。

それはリアル社会のコミュニケーション能力が育たない
というようなありきたりな理由ではなくて、
ネット社会の方が本音が見えるからです。

今現在でも、知り合いや友だちのブログなどを見て
「あ、こいつ本当は俺のこと嫌いだな」とか
わかることがありますが、そんなことが学生時代にあったら
相当凹むだろうなと思うからです。

顔を合わせざるをえないわけですしね・・・
今の学生さんが、ネットイジメに苦しんでいたりすることも
少なくないようですが、自分なら耐えられないか・・・
片っ端から仕返すか、どちらにしても良い結果にはならなかったでしょう。

社会に出てしまえば、そういう相手を切ることもできますし
(もちろん仕事上の関係などであればリスクはありますが)
生き方なんてそれぞれですから、開放する選択肢も生まれますが
うーん・・・嫌な社会だなぁとは思ってしまいますね。

何でも言い合える仲と裏で何でも言う関係は
単純に愛の有無ですからね。


応援してね!人気ブログランキングへ
[PR]
by head-and-hand | 2013-06-22 06:54 | 日記

セルジオ越後の愛

コンフェデレーションズカップのグループリーグ第2節が19日に行われ、日本代表がイタリア代表と対戦。EURO2012準優勝の強豪相手に一時は2点をリードしながら、打ち合いの末に3─4で敗れた。連敗...
何度もこのブログで書いてますが、
どういうわけか、ネット社会が普及したぐらいから
ファンは「全肯定しないとアンチ扱いされる」
という現象が広まり、今ではそれが当たり前になっています。

音楽、芸能人、スポーツ、ゲーム、なんでもそうですね。

大ファンだったゲームのシリーズだからこそ
新作の出来の悪さに文句を言えばアンチ扱い、、、
そんなことは多々あります。

サッカーでも例えば今みたいにグランパスがボロボロでも
一言でも文句を言えば、アンチ扱いですから
結果的にファンの声というのが届かなくなり、力がなくなり
悪い方向へ行きそうな好きな対象を止めることができない。


サッカー評論家でいつも厳しいセルジオ越後氏ですが、
この人も日本代表アンチ呼ばわりされることは毎度のことです。

ただ、この人は日本代表に愛があります。

アジア杯にしてもW杯予選にしても、
勝った時は「やったーーーやったーーー」と
子供のように叫んでいる声が入っていたりします。

でも、苦言を呈することを絶対に忘れません。
なぜなら日本代表を応援しているからです。

今朝のニュースでも日本代表が「頑張った」とか「惜しかった」とか
「よくやった」なんて言うコメンテーターがいましたが、
それこそセルジオ越後氏の言うように、「今の日本を1998年のW杯の時と
同じレベル、同じ目線で見ている」からでしょう。

見下してるから、程度が低いと思っているから、
成長してないと思っているからの「褒め」もあるわけです。

日本の目標は、本田長友が言うW杯優勝ということまでは
ファンも持ってないでしょう。

ですが、やはりベスト8に入れるぐらいが目標なのですから
少なくとも今の状態ではまだまだじゃないですか。
だったら、外野がやんやんや言うべきです。

吉田麻也選手にしても、代表戦で負けて拍手されて
「アイドルのコンサートじゃねーんだから」と苦言を呈した。

そして昨日ああいうポカをまたやらかしたのですから、
本人はブーイングで迎えられるぐらいの気持ちでいるでしょう。
そうしてほしいことでしょう。

代表戦で盛り上がりたいだけの人はそれでいいのかもしれないですが、
日本の勝利を待っているサポーターからすれば、それじゃ困るわけです。

スカパーで放送されているセルジオ越後のプロホガソンなんかを
一度機会があれば見て下さい。

サポーターからの意見は生温くありませんよ。
応援を熱い怒りに変えた言葉が沢山表示されてきます。

それに対して「お前がやってみろ」なんて言う人は
根本的に阿呆です(他のジャンルでも)
私の人生、この手の人と出会っても必ず仲良くなれません。
なぜなら、根本的に阿呆だからです(笑)

ファンにはファンにしか言えないことがあるわけです。
それを言うのがファンのやるプレーでしょう。

「勝った時だけ喜びやがって!!」
こんな言葉を見たこともありますが・・・

当たり前でしょう。

負けた時に悔しがって怒ることがあれば怒るからこそ
勝った時に喜びがあるんでしょう。

勝った時に喜ぶために負けた時に喜ぶなんて
そんなことは「平等の履き違え」です。

頑張らないことを前提に生きている人が
頑張っている人を甘やかしてダメにする構図を目にするのは
不愉快なことですからね。

ワールドカップで日本が勝った時に本気で喜べて
負けた時に本気で泣けるような1年にしていくことが
ファンが過ごすこの1年なんじゃないかな?と思います。



応援してね!人気ブログランキングへ
[PR]
by head-and-hand | 2013-06-21 01:44 | サッカー
日本VSイタリア

本田のPK、香川のボレーで2-0。
内容でも日本が圧倒していた前半でした。

ただ、前半終了間際のCKで
水を飲みに行ったり、ダラダラしたり
集中力を完全に切ってる中でピルロが蹴り
失点するという見ていて「また集中力が・・・」と
げんなりするような失点で2-1。

後半に入り、毎度毎度このブログでも書いている
吉田麻也のポカが原因で内田のオウンゴールに繋がり失点。
(内田がオウンゴールしてなくても、失点してたでしょう)

そして長谷部のハンドでPK。
あっという間に3-3

そして4-3でコンフェデレーションズカップ終戦。

これまた、例によって微動だにせぬザッケローニ。

展開的には乾、清武、中村憲剛を投入すると思いきや
酒井宏樹を投入し、これがまた何してんだ?というプレー。

パスで崩せていただけに、ハーフナーだけは入れるなよと
思っていた途端にハーフナー投入。

ビハインドで時間がないロスタイムに
中村憲剛投入という、何をしているのか意味の分からない
采配を今回もかましてくれました。

選手は本当に全力でプレーしていて、
本田と香川が上手く嵌るとこんなにいいチームなのか!?
そんな試合をしていましたが、監督だけが進歩してないという印象。

・・・いや、吉田麻也もかな。
最後も完全にオフサイドなのに文句言ってましたが、
気持ちを見せてる風の感じを出す癖もいい加減に直さないと。

これで、東アジア選手権に適当にJリーグの選手を使って、
秋からの親善試合では今のチームで固定メンバーに戻し、
勝ってても負けててもハーフナーを入れ、ロスタイムに
よくわからない交代をし、そんなチームで来年のW杯に行くなら
誰でもできるわけで。

攻撃は良かった、それは収穫なのかもしれないですが・・・

今野も慌てたクリアで失点を生むし
吉田麻也はあんなんだし。

ディフェンスに関しては対アジアでもポカ連発なのに
世界相手ではそりゃそんなことも増えるだろうと。

これで「よくやった」論調になるんだったら、
次のW杯は捨てるようなもの。

まだメキシコ戦が残ってますが、
どちらももう敗退決定同士の試合ですから
ガチの国際舞台ってことでもなくなる。

これでどんな試合を見せてくれるんですかね?


応援してね!人気ブログランキングへ
[PR]
by head-and-hand | 2013-06-20 09:35 | サッカー

サバイバル・アイランド



サバイバル・アイランド

・・・爆笑映画です。

男女三人(夫婦+他の男)が
無人島に漂流するのですが
男女三人だけにまぁ色々とあるわけです。

面白いのは、夫婦の旦那のほう。

海底で見つけたボートを引きずって
海底を歩いてくるシーンなんぞ爆笑物で、
「海底にいかないためのボートを引きずるおっさん」
ということを考えると抱腹絶倒。

その後、ボートを修理したところで
嫁と男に盗まれるわけですが、
このボートが沈むように細工をしておいたり
急にトラップを作るテクニシャンなダンナ。

この旦那が、嫁と男がダンスをしている時に
遠くから覗いているのですが、その時の風貌が
ロープに葉っぱで作ったメガネをしていて
その姿で引きつけ起こすぐらい爆笑。

その後、プレデターの時のシュワちゃんのような
出で立ちになったり、武器と盾を持って暴れたり
その姿は気が狂ったフレディマーキュリーのようで
これまた爆笑。

でも立場的に旦那は悪くないので
そんなおかしな旦那を応援してしまうこと間違いなし。

何より途中で出てきた
「ほら貝の◯ープ」という単語は、
ホール・パスの「テデ◯◯ニ」と互角の破壊力。

どちらもオススメです(笑)


応援してね!人気ブログランキングへ
[PR]
by head-and-hand | 2013-06-19 04:48 | 映画・DVD

少年は残酷な弓を射る



単純に面白い映画だったのですが、
子供がいない自分にはわからないこともありつつ、
更に、片親の上に母親とまともに暮らしたことがない自分には
愛情が憎しみに変わったりとか、親子愛がわからないので
なんともレビューのしようがない・・・(笑)

最後の最後で「親は何があっても親」
という印象は伝わったんですけどね。

ぜひ、お子さんがいる人は見てみてください。
で、感想を教えて下さい(笑)

あ、この映画に出てくる赤ちゃん(後の少年)が
ありえないぐらい可愛いので、そこは見どころです。
こんな子供ならほしいと思ってしまうぐらいに(笑)

見どころは、少年がG行為をしているところを
母に見られた時に、隠しもせず凄い顔で睨みつけながら
継続するシーンで、これは爆笑でした。


応援してね!人気ブログランキングへ
[PR]
by head-and-hand | 2013-06-18 04:41 | 映画・DVD