地球から見りゃ微生物が書いてるブログ

headahand.exblog.jp

株式会社テイクアップアームズ 代表取締役であり競馬本作家& ライターをしている竹内のブログ

<   2013年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

グッモーエビアン!

グッモーエビアン!


大泉洋が出演していることと
舞台が名古屋ということで見てみました。

内容は軽いですしメッセージ性も軽いのですが
それが合うのは、大泉洋演じるヤグの明るいキャラがあるからでしょう。

大泉洋のファンであれば、ヤグの料理シーンが多いのは
ニヤリとしてしまいますし、名古屋人的には麻生久美子の
名古屋弁が上手いことや、大須商店街が出てくる辺りも楽しめます。

家庭が複雑な設定の映画やドラマというのは
個人的にどうしても感情が入ってしまいますが、
それを重く感じさせないキャラ達の明るさを感じる映画で、
見終わって何かを得ることはありませんでしたが
楽しい2時間弱を過ごすことはできました。

そういえば、小池栄子が出演していますが
この人って何に出ても演技が上手くて驚きます。

そりゃ女優の仕事が増えるよなぁと思っちゃいます。

この映画に1つ特徴があるとすれば、
嫌なやつとか悪いやつが出てないということですね。

対比で見せるというよりは、全員が明るくてでも悩みがあって
それでも楽しけりゃいいじゃん!と生きていくところでしょう。

あ・・・それがこの映画で得るものかな。


応援してね!人気ブログランキングへ
[PR]
by head-and-hand | 2013-08-29 21:04 | 競馬
【夏の終わりの不思議な経験】

数日前、お仕事の話をするために
私と友人と友人の知り合い女性の3人で
北区にある某BARに行ったときのことです。

初めて行くBARだったのですが、
そこは民家を改造してあるお店でした。

1階はカウンター席になっていますが
2階は完全に民家の匂いが感じる雰囲気で、
ごく普通の日本の和室を少しエスニック調というか
アジアンテイストな感じでデザインしてある
落ち着く空間になっていました。

2階は我々3人だけだったのですが、
入った時から、何か気配を感じることが
どうにも気になっていたのです。

それでも、仕事の話を真剣にしていましたし
少しビールを飲んでリラックスもできましたので
徐々にそんなことは忘れていました。


お店に来て1時間ぐらい過ぎた頃。


会話の途中で、友人と壁の間辺りの空間から
突然「グエエエエエエエエ」という叫び声が
室内に響いた・・・はず、なのですが、
私の友人とその友人女性は、何事も無かったかのように
会話を続けていました。

「え?なんでリアクションが無いんだ?」

と頭を過ぎりましたが、あの大きな声を聴いて
無反応ということはありえません。

ならば答えは1つ。

「聴こえてない」

ということです。


ただ、せっかくの仕事の話の最中に
それをぶった切るわけにはいかないので
その話はしないでおこうと思いました。

しかし、1分後ぐらいにマスターが
1階から階段を上って来て開口一番
こんなことを言いました。

「怖い声出さないでよ、下のお客さんが驚くから」

この時に、私の友人とその友人女性は

「ん?何?」という表情。


それを見て「あ、確実に聴こえてなかったな」と
確信すると共に、マスターには聴こえていた
ということもわかりました。

マスターは二人のリアクションが無いからか
スタスタと階段を下りて行きましたが、
5分後にまたお酒を持ってきたので、
そのタイミングで私が話しかけました。


私「さっきマスターが上に来た時に言ってたのって
グエエエエエエエエって叫び声ですよね?」

マスター「そうですそうです」

私「それ、この二人は聴こえてないんですよ。」

マスター「え?どういうこと?」

私「ねぇ?聴こえてないでしょ?(と二人を見る)」

友人「何が?そんなん聴こえてないよ?」

私「やっぱり。丁度T君と壁の間のその辺りから
凄い叫び声がしたんだよ、さっき。
それでマスターが上がってきて指摘したんだけど
意味わかってなかったでしょ?」

友人「マジで?」

私「マスター、さっきの叫び声凄かったですよね?」

マスター「本当にここの誰かの声じゃないの?」

私「はい、誰も叫んでないですし、この4人の中では
僕とマスターしか聴こえてない声でしたね・・・」

マスター「あー、前に霊感があるお客さんがここで
視線を感じるとか言うことがあったけど・・・」



普通の人なら驚くぐらいの叫び声が
同じ空間にいる人間2人に聴こえてないのに
下の階にいる人間が聴こえて注意しにくる。

あの声は、

一体誰の声で、どこから出た声だったのでしょう。

そして、あの悲鳴の理由はなんだったのでしょう。


夏の不思議な体験でした。



応援してね!人気ブログランキングへ
[PR]
by head-and-hand | 2013-08-29 04:06 | 日記

カラオケ

久々にカラオケへ。
時間がないので2時間だけでしたが
ストレス発散できました。

歌った曲目は

STRENGTH
HOWLING
JAP
キミノウタ
WE aRE
PINEAPPLE ARMY
Sweetest Coma Again

ここまでabingdon boys schoolばかり。

Naked arms
Thousands Morning Refrain
SWORD SUMMIT
LIGHT MY FIRE

TMR4曲

Lost in Blue
DIRTY

2曲ナイトメア


偏りすぎ・・・



応援してね!人気ブログランキングへ
[PR]
by head-and-hand | 2013-08-22 20:57 | 日記
龍が如く総選挙の順位発表!

1位は、当然・・・桐生一馬・・・ではなく
あの最狂の男でした。



更に新作の発表があり、龍が如く維新が
制作されているようです。

時代物のスピンオフ作品では過去に
龍が如く見参がありましたが、
あの世界観も好きでしたので、次回作も期待しています。

龍が如くというと、一部の人は「ヤクザ推奨ゲーム」
なんて、脳がどうなってるのか見てみたいことを言う人がいますが
(まぁ、ネット層はヤンキーやヤクザはもちろん、
 髪の毛盛ってるだけのお兄ちゃんすら異常に嫌うので仕方ないですが)
本当は「カッコイイ元ヤクザ」が「臭いぐらいの男を魅せるゲーム」です。

龍が如くシリーズが終わるまでは
死にたくないなぁなんて思います(笑)

あぁ、あとは人生で1回でいいので
「手加減はしねえ。死にてぇ奴だけかかってこい」
って言ってみたいですねぇ。

まぁ、桐生一馬と違って
その後に殺されるんでしょうけど。


応援してね!人気ブログランキングへ
[PR]
by head-and-hand | 2013-08-20 02:17 | ゲーム

おもしろいもので

【ソウル共同】韓国の最大野党、民主党の金ハンギル代表ら同党国会議員12人が13日、ヘリコプターで竹島(韓国名・独島)に上陸した。同党が明らかにした。日本の植民地支配からの解放を記念する15日の「...
この竹島に韓国の議員が上陸した話題で
どういうわけかフジテレビは「日本の固有の領土に~」という
報道をしている一方、TBSは「領土の所有権を争っている~」という
報道をしています。

面白いですよね、10年ぐらい前~5年ぐらい前に
戻ったような感じになってますから。

まぁフジテレビとしてはこれ以上不人気になると
洒落にならないということもあるのでしょうけど。



応援してね!人気ブログランキングへ
[PR]
by head-and-hand | 2013-08-14 12:41 | 日記

競馬最強の法則9月号

競馬最強の法則9月号
まだまだ私の連載は継続中です・・・ほそぼそと(笑)



自分が競馬ブログをスタートしたのが2006年。
それで、2009年に初出版をしたわけですが、
競馬最強の法則で連載があるというのは、
今でも自分で書いているのに半信半疑だったりします(^^;



応援してね!人気ブログランキングへ
[PR]
by head-and-hand | 2013-08-13 10:20 | 仕事

夏も終わり

なんぼ競馬人として活動していても
なんぼ音楽好きとして生きていても

夏の終わりを感じるのは、夏競馬の終わりでもなく
夏フェスの終わりでも無い。

自分にとっては、小学生の頃から新日本プロレスの
G1が終わった時が夏の終わりなのです。

今年のG1の感想は、後楽園や大阪大会が
あまりにも凄く、その他の地方会場では
やや中だるみがあったものの、全体的に
凄く刺激的な試合が多かったなという印象です。

華やかなプロレスもいいのですが、
このG1を盛り上げたのは痛みが伝わってくるプロレスだったと
個人的には思っているだけに、決勝が棚橋と内藤の試合だったのは
あまり嬉しくはありませんでしたが・・・

特に内藤は復帰してからまだ調子も完全じゃなく
リーグ戦で印象的な試合もあまりなかったのに、
棚橋が受けて受けて試合を作って、内藤が勝ってしまい、
内藤の復活ストーリーという新日本プロレスとしては
「120%魅せないといけないこと」を、焦りすぎた感じがしたので
気持ちがノレたか?と言われればNOでした。

テーマとしては
外敵の侵略(柴田・飯伏・鈴木)
第三世代の逆襲(小島・永田)※天山は負傷欠場
対オカダカズチカ
大型外人の勢い(スミス・アーチャー)
BULLETCLUBと本体(デヴィッド・カール)

と色々あった中で、内藤の復活ストーリーか・・・
という感じなんですよ。

まぁ、終わったことは仕方がないですが
誰も得してない印象で終わりました。

でも今年のG1は凄かったと思います。

やはり中邑は独自の世界を確立していますし
どんな相手とでも良い試合が出来て、
新しい引き出しも出してきました。

VS飯伏戦は名勝負でした。

石井選手もやはり泥臭く光り輝いていましたし
柴田選手も「プロレスが楽しい」と言ってましたが
それは見ている人もそう。
もうブーイングもありませんからファンが証明してますね。

永田のコンディションはやはり素晴らしいですし
年齢を感じさせない素晴らしい選手だと思います。

小島もラリアットの説得力は増しているぐらいですし
オカダにも棚橋にも勝ったのですから、
今後はシングル戦線でもまた活躍してほしい。

真壁も腰の怪我がある中で
プロレスを見せつけてくれたなぁと思いました。

オカダに関しては・・・凄い選手なのに
毎度G1になるとコロコロ負けさせすぎるのは・・・どうなんでしょう。

G1以外での勝ち星をG1で返していく仕組みは
見てて冷めるのでやめてほしいんですけどね。


さて、G1全試合を見ての
個人的なベストバウトは以下


5位 石井VS棚橋

4位 小島VSオカダ

3位 真壁VS石井

2位 柴田VS石井

1位 中邑VS飯伏


石井率が高いですが、
初G1で自分のスタイルや魅力を魅せつけたのは
やっぱり石井かなという感じですね。

ただ、これが東京ドームのメインなら?
と考えると、そこはまた別問題のような印象もあります。

やはりドームのメインは華やかにがいいですし
G1のリーグ戦だからこそ光り輝いた感じもします。

まぁでも、トータル的に見れば凄いG1だったと思います。

実況のミスの多さ以外は。


応援してね!人気ブログランキングへ
[PR]
by head-and-hand | 2013-08-12 07:43 | プロレス

最悪

10年来の友人がとても残念なことになってしまった。
本人の軽率さもあったのですが、話を聞いた限りでは冤罪。

示談になるのか、裁判になるのかわかりませんが
数カ月前に会社を立ち上げて、色々動いていただけに
それらが全て消滅するので本人のダメージは大きい。

話を聞いてアドバイスするぐらいしかできませんが、
彼が走り回ったこの半年を思うと無念でなりません。

気分的にもですが、あちこちから連絡があって
その話を聞いていたので、今日は一睡もせずで
このまま競馬関連の作業などに入ることになりますが
本人も恐らく寝れる状態じゃないだろうなぁ。

うーん・・・

最良の結果になればいいのですが。


応援してね!人気ブログランキングへ
[PR]
by head-and-hand | 2013-08-09 13:38 | 日記

緊急地震速報

今日の夕方、緊急地震速報が鳴りましたが
皆さんも驚いたことと思います。

TVには四国~関東まで赤い警戒区域が出ていましたが
最初は「奈良で地震」との説明だったので、
時間的に1~2分待って来なかったので

誤報 or 南海トラフとの間違い

だと思い、後者ならもう終わりか?と
腹をくくりましたが誤報で良かったです。

しかし気になったのは
警報中にチャンネルを変えたら
甲子園は普通に野球をしていたこと。

多くの人の命に関わるのですから
試合をすぐに中断するべきだったのでは・・・

「揺れてないから中断する必要はなかった」
なんて言ってる人がいますが、それは「誤報だったから」という
結果論でしかないんですよね・・・まぁ、同じ日本人として
そういう人はネタで言ってると信じたいですけど(笑)

ちょっと僕には考えられなかったです。


応援してね!人気ブログランキングへ
[PR]
by head-and-hand | 2013-08-08 20:07 | 日記
今さきほど、仕事部屋から廊下に出たところ
昨年は見ずに済んでいたあいつと遭遇・・・

体長三~四センチの黒い奴。

ご存知の方はご存知ですが、
自分は虫が本当に駄目です。

特に駄目なBIG3が

・ゴキブリ
・蝉
・蜂

蜂とは数々の因縁があり、
車の下に蜂の巣を作られてしまい
常に大量の蜂と移動していたこともあります。

蝉はエレベーターの中にいた場合
11階まで歩く方を選ぶぐらい嫌いです。
あいつらは根性悪いから、なぜか人間に向って
飛んでくるのが本当に嫌。

で、ゴキブリに関しては好きな人は少ないでしょう。

全身菌だらけな上にサイズが大きく
スピードも桁違いに速い。
そして仲間を増やす能力に長けている。


そんなBIG3の中の1人、ゴキブリ様と
2年ぶりの対面です。

昨年はベランダや室内のいたるところに
対策用品を置いてあったこともあり会わずに済んでおり、
今年も同じ対策をしているだけに会わないと思い込んでいたところ
なんともゴキブリらしいゴキブリと廊下で鉢合わせ。

2年前は従弟を呼んで退治してもらいましたが
今回はとっさに「殺らなければ」と頭に浮かび
距離を取りつつ武器になるものを探す。

リビングには氷殺ジェットが置いてあるが
仕事部屋にはなく、ゴキブリから目を離したら
逃げられるのはわかっているので横目で本棚を見る。

「単行本・・・駄目だ、小さいしコレクションは大切だ」
「テン乗り勝負パターンの見極め方・・・自分の本は使えないしこれも小さい」
「ミリオンダラー馬券術・・・これは自分の代表作、使えるわけねぇ」

と考えつつ、雑誌があったのでそれを手に持ち
グルグル巻きにして固めて構える。

構えてゴキブリと距離を詰めている最中に
その雑誌が自分が半年連載している
競馬最強の法則だと判明・・・

だがもう仕方がない。

中途半端に叩いて暴れられるのは最悪なので、
全身全霊を込めて振り下ろす。

・・・完璧に生きてる。

33年間の人生、様々な経験を積んだこの体。

タイトなジーンズにねじ込む私という戦うボディ(by BoA)
の全力を使っても、ゴキブリ1匹倒せない現実に怒りがわき
そこから6連発で攻撃を浴びせ、流石に生きてない状態にする。

恐らく卵らしきものも確認できたので、
ここで倒せてなかった場合、近いうちに・・・

『ゴキブリ3 ~ 今度は戦争だ~』

になっている可能性が高かったわけなので、
それを回避できたと思うと安堵。

一応、同じ生き物なだけに手を合わせて合掌。

それと同時に「言葉が通じれば・・・」とも思いました。

自分「要望はなんだ?」
ゴキブリ「大好きなビールと食べ残しだ」
自分「なら、毎週ビール1本と食べ残しを必ず届ける」
ゴキブリ「わかった、それなら出て行こう」

これで済むのですから。

蝉でもそうですよ、死んだふりしているやつに

自分「生きてる?死んでる?」
蝉「生きてるけどシンドい」
自分「じゃあさ、木のあるところまで連れてくよ」
蝉「本当か?」
自分「ああ、でも急に飛んでぶつかってきたり鳴かないでよ?」
蝉「約束する、助かるよ。」

これで済むんですよ。

スズメ蜂でも同じ事。

スズメ蜂「お前コラ刺すぞ」
自分「待て待て、俺は巣を攻撃したいわけじゃないんです。」
スズメ蜂「本当か?証拠は?」
自分「俺は蜂さんを尊敬してますから。強いし」
スズメ蜂「ふむふむ・・・」
自分「何なら、蜂蜜的なものとか果物とかたまに持ってきますよ。」
スズメ蜂「なんや、ええやつやんけ。」
自分「尊敬してますから。」
スズメ蜂「兄ちゃん悪かったな、なんか揉め事あったらワシに電話しいや。」
自分「あざーーーっす!」
スズメ蜂「刺しそうな蜂は大体友達やから。」
自分「何かあったらすぐに電話させていただきます。」

で済むんですよ。

これなら無駄な殺生をすることないんですが・・・


まぁ、これでゴキブリはある程度克服できましたが
できれば二度と組まれない対戦カードになればいいんですが。



応援してね!人気ブログランキングへ
[PR]
by head-and-hand | 2013-08-07 04:28 | 日記