地球から見りゃ微生物が書いてるブログ

headahand.exblog.jp

株式会社テイクアップアームズ 代表取締役であり競馬本作家& ライターをしている竹内のブログ

<   2013年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

火事

窓の外に消防車&パトカー&救急車が合計20台
広範囲にわたって火事の現場を包囲しています。

鎮火したようだけどまだ15台はいますねぇ・・・

放火って可能性もあるのかな?

空気が乾燥するこの季節は気をつけたいですね。
[PR]
by head-and-hand | 2013-10-31 03:59 | 日記
迷惑メール相談センターに迷惑メールを送ること早3年。
恐らく1万通は通報しましたが、基本的に天下り団体なのか
年間で数件摘発して終わりという、何の仕事もしてない上に
問い合わせに一切返信がないという・・・ま、ぼんくら団体なわけです。

なので本日から
http://www.nissankyo.or.jp/mail/index/
こちらの日本産業協会にも通報することにしました。

さぁ、こちらはちゃんと働いてくれている人たちなのでしょうか?

本日だけで200件は通報しましたが
このペースなら年間で6万件。

面倒で手間も時間もかかりますが
皆も迷惑メールは通報しましょうね。

迷惑メールにしてもネット上での誹謗中傷でもそうですが
「スルー」なんてしてたら駄目です。

ちゃんと皆で対策してこそクリーンになるわけじゃないですか。

なんでも気持ち入れて行動しないと何も変わらないですよ。


応援してね!人気ブログランキングへ
[PR]
by head-and-hand | 2013-10-25 18:00 | 日記

自己嫌悪

ウサギを保定して薬を飲ませる
という不可欠なことが未だにろくにできない。

どうやっても暴れて逃げてしまい
数時間かかっても完了しない。

時間がなくなるイライラもあれば
薬を飲ませることができないことで
ウサギの健康を損なっていると考えると
情けなくて死にたくなるような瞬間もあります。

しかも時間との勝負をしている週末だと特に・・・



こんな風に簡単にできたらなぁ・・・



応援してね!人気ブログランキングへ
[PR]
by head-and-hand | 2013-10-25 17:20 | ウサギ

打ち合わせ

岐阜でサイト制作会社の方々と会い
その後、清須方面で超VIPと会い
その後、、韓国料理屋で超VTPと会い
一日良い勉強をしてこれました。

競馬関連でTOPを取るために凄まじく動きつつ
それ以外のジャンルでも目立つようなプランで動いていますが
達成率が5割ぐらいでも凄いようなレベルで頑張っています。

人間いつ倒れるかわかりませんし、
倒れてから不死鳥になれるかどうかは人それぞれ。

ってことで動ける間に頑張るぞー。


PS
S先生 回復おめでとうございます!


応援してね!人気ブログランキングへ
[PR]
by head-and-hand | 2013-10-23 21:50 | 仕事

不死鳥

不死鳥を待つ。
[PR]
by head-and-hand | 2013-10-19 02:40 | 日記

代表の意味

・・・確かにセルジオさんの言うとおり。
気持ちの入ってないプレーを連発しているような選手や
代表戦以外で試合に出てない選手や、クラブの試合で結果の出せてない選手が
代表戦が終わると「次は修正を」とか平気で言ってますからね。

良かろうが悪かろうが固定メンバーのザックジャパンだからと言って
どの選手も「何があっても代表には呼ばれるからW杯で結果を出せばいい」とか思い過ぎ。

日本代表に選ばれることは凄いことであって、定着するなんて至難の業というのが代表でしょ。
というか、どこの世界に結果を全く出せてない人が国の代表に呼ばれるなんて話しがあるんだと。

一回、チャリティーマッチでもいいし強化試合の一環でもいいから
今の日本代表固定メンバーチームと、Jリーグ選抜チームで試合をさせてみてほしいね。

「俺達は弱い」と開き直って走り回っていた代表だったから
徐々に強豪国との差を詰めてきていたと思いますし、そんな日本代表だから皆夢中になって応援してました。

「俺達強いかも?」なんて思い始めてからの日本と、その勘違いを維持させたザッケローニは
本当にワールドカップで結果を出したいなら転換期でしょう。

優勝?ベスト4?ベスト8?とんでもない。
グループリーグ突破という目標でも今動かないと厳しいでしょう。

1-0で負けている時に守備優先で考える監督と
高さを持つ選手を投入しているのに高さを無視する選手
そんなバラバラな雰囲気もありますし、3年半でまとまりもなく
生まれたものが代表に選ばれている選手が椅子を与えられた安心感だけでは・・・


「W杯用に、さらに大きなものを披露しようと組み立てている段階でもある。前と同じようにすれば得点できていたかもしれないが、新たなトライをしていることで、その新しいことがうまくいかない。新しいトライをすることで、前の良さが出てない。そのへんのチグハグさは若干あると思うけど、そこは監督も選手も悲観していない。(11年1月の)アジア杯で優勝したサッカーをW杯でするつもりはない。1歩2歩先に行こうと、いろんなシミュレーションをしながら戦っている。そこは非常にポジティブに考えている」


本田圭佑のコメントは説得力を感じることが多かったですが
上のコメント(ベラルーシ戦後)を見ても言い訳に聞こえるぐらいになっているのが
日本代表を見続けてきている自分の素直な感想。


「非常に均衡した試合だった。前回の試合と同様に我々が先にチャンスを作ったが、そこを決めきれなかった。先日の試合同様、相手のファーストチャンスで失点してしまった。でもあのゴールについては相手を褒めなければいけない。ただ残りの20分くらいは内容的にも日本の方がよかった。ようやく調子が上がってきたなというところでゲームが終わってしまった」

このザッケローニのコメントを見ると心配しか感じませんけどね。


で、来月のオランダ戦。
ここで「フルメンバーで大敗すると自分の立場が悪くなる」という考えから
突然スタメンを大きく変えたりして、負けてた時の言い訳を前提にして試合に入るのであれば
W杯まで半年しなかなろうが、解任論を大きくしないと話しにならないですね。


応援してね!人気ブログランキングへ
[PR]
by head-and-hand | 2013-10-16 01:56 | サッカー

競馬最強の法則11月号

競馬最強の法則11月号発売中です。



競馬の秋ということで、お手に取る競馬ファンの方も多いかと思いますが
ひっそり連載されている「ミリオンダラーをMAKEする方法」のページも
ぜひともよろしくお願いいたします。

連載ではなくてカラー特集されたのが2011年の3月で
それから数えて今回で12回目の掲載となるようです。

トータルで1年分ってことですから、頑張ったなぁと(笑)

雑誌掲載と書籍2冊があるというだけで、
最近は競馬以外の文章のお仕事が増えていますから
競馬というジャンルで育てた木から出てきた沢山の枝も
大切にしていかないといけないなと思っております。

体バッキバキに疲れてますが
LOVEとLIKEがある限り動き続けますよ~。


応援してね!人気ブログランキングへ
[PR]
by head-and-hand | 2013-10-15 04:37 | 競馬
新日本プロレスの両国国技館大会が
昨日開催されニコ生で観戦していまいた。

メインのオカダカズチカVS棚橋弘至は
またしても35分を超える激戦となり、
結果はオカダカズチカの防衛となりました。

負けた方はIWGP戦線から身を引くということで
これで棚橋弘至はタイトルから離れる・・・
という話で、試合後の棚橋弘至もそのようなコメントをしていますが
なんだかんだでビッグマッチのメインで確実に好試合できるのは
棚橋弘至だけのような印象なのでそれはもったいないですね。

年齢的にもまだ若いですし・・・
でも走り続けて暗黒時代からここまでもってきた功労者なので
少しお休みするという感じならいいのかもしれません。

セミの中邑真輔VS丸藤正道も好試合でしたし
柴田と石井はまたしてもバチバチの試合で盛り上げました。

永田と桜庭は試合前に乗り込んできていてグレイシー一族との
東京ドームでの激突の為にタッグ結成をしましたし、
飯伏幸太の新日所属初試合も盛り上がっていました。

問題は東京ドームメインの権利書を持つ内藤哲也と
高橋裕二郎の試合で・・・前回の神戸もそうでしたが
内藤哲也のプッシュをしても、今の内藤哲也は一昔前より
明らかに調子が悪くなっているので見ていて辛いところ。

内容も高橋裕二郎のパワー技が盛り上がっているだけで
試合終盤の内藤哲也のグダグダなフィニッシュのせいで
試合後にブーイングが起こるという結末となりました。

今の客層でベビーが勝ってブーイングになるのですから
相当悪い試合内容ということですし、、、まぁ新日ファンというのは
目が肥えているなとも思いましたが、この調子でドームのメインは
ちょっと厳しいのではないかと思います。

華があるキャラなのに試合に華が無くなっていることと
試合に奥行きがないんですよね。

ヒール時代は独創的で意外性があって面白かったのですが・・・

まぁ、ブーイングをもらう試合をしているのであれば
そのブーイングを糧にしてドームのメインに立つまでには
内藤哲也らしい試合を取り戻してほしいものです。

楽しそうに試合をしている印象が強いレスラーなのに
復帰後はぜんぜんそう見えないですからねぇ。


応援してね!人気ブログランキングへ
[PR]
by head-and-hand | 2013-10-15 04:29 | プロレス

色は色々色は色

小学生の時に、僕の友人が発表した誌

「色は色々色は色、ああ色は色だなぁ」

担任に殴られてました。

ちなみに僕が書いたのは

「夏祭り 田植え稲刈り 雪だるま」

多分これついでにとんちんかんで出てきた言葉だったと
記憶していますが・・・

担任に「裕也は酔狂人」と書かれて殴られました。


さて、最近ありがたいことに
競馬以外でのお仕事が猛烈に増えています。

今後世に出てきて旋風を巻き起こす(気がする)
ある飲み物のサイトサイト制作及び
推薦者のアスリートなどの文章サポートや代筆。
ある化粧品の集客のサポート。
あるビジネスの企画書作成。
あるショップのサイト作成や文章制作。
あるプロジェクトの企画書作成。
ある商品の文章制作やキャッチコピー制作。

等など、これまで書いたことがないような目線の文章を
毎日書いているのですが、嬉しい事に良い評価をしていただけて
それでまたオファーが増えているような感じです。

他にもファッション系でも動いていたりと
非常に面白い毎日を過ごしています。

ふと、10年後は何をしているのだろうか?
なんて考えると、やっぱり競馬がメインでありたいとは思いますが
多分今以上に色々やっている姿が想像できます。

さすがにもう1人でできることのキャパは超えているので
今後は何らかの形で人を使おうとは思っていますが・・・

まぁ、色は色々ということで
自分が一色だけじゃないといけないルールなんてありませんから
レインボーな活動をしていけたらいいなと思っています。


応援してね!人気ブログランキングへ
[PR]
by head-and-hand | 2013-10-14 02:55 | 仕事
まず、いじめが起こらないようにする
ということはここいらでキッパリ諦める。

で、いじめが起こったら学校が隠蔽しないといけない
という環境や原因をなくす。

簡単に言えばいじめが起こるのは教師の落ち度である
というような考え方を無くして、いじめを見つけたということを
はっきり発表する方が評価されるようにする。

何せ学校で起こっている悪い事を見つけたんだから
それがペナルティに繋がる事のほうが元々おかしいわけで
こんなことを改善することは簡単でしょう。

そして、ここからが解決策ですが
いじめられている子を助けたら、それを評価して
通知表なり何なりに書いてあげるわけです。

いじめている側の人間も「いじめを辞めさせたら」
同じように評価してあげるのです。

全校生徒の前で表彰してもいいでしょう。

学年も関係なしです。

これでいいんじゃない?

いじめをするような馬鹿達はそれを楽しんでるんだから
辞めるメリットも止めるメリットも無い。

いじめを見ながら傍観している糞達は
止めに入るメリットが無い。

損得勘定で動くなと言う人もいるかもしれませんが
でも結局はそういうことでしょ。

後はいじめられる側が「恥ずかしい」じゃなくて
「悔しい」「解決したい」と思うことなんじゃないですかねぇ。

SOSの発信といじめられ続けることを天秤にかけて
どちらを選ぶの?ということですもん。

そうだ、素直に助けを求めた、ということも
評価材料にしてあげればいいじゃないですか。

困っている時に人にちゃんと頼れることは
僕は大切なことだと思いますからね。

いじめを辞めた子たちも評価してあげればいいんですよ。

いじめって多くの場合が力のある者(達)とそうでない者で
関係性ができているわけです。

力のある者の頭の程度が低ければ、それを誇示したくて
他人を攻撃することもあるでしょう。

こういう馬鹿からすれば、その誇示ができなくなることは
喜ばしいことではないのに、それを我慢していじめを辞めたと。

ならまぁそれも評価してやりゃいいんです。


学校  ⇒ いじめが発覚したらペナルティ
加害者 ⇒ 余程のことがなければノーリスク
被害者 ⇒ リスクしかない
傍観者 ⇒ ノーリスク

という状況がそもそもおかしいんです。


ま、稀に「いじめられる原因が明確にある」という
ケースもあると思いますが、その場合は本人がその原因を無くしたり
何か悪いことをしてしまっていたなら、素直にごめんなさいすればいいんです。

それで謝罪してもそれからいじめが続いてしまったら
その時点からは相手が悪いってことなんじゃないですか。


あともう1つ、いじめてるつもりはないけど
当人はいじめを受けていると思っているパターンがありますが
これに関しては・・・「言って!」という話なんです。

僕も中学の時に実はそういう経験がありました。

毎日のように遊んでいる仲の良い友達がいたのですが
ある日、僕が先生に呼び出されて指導室に行くと
その友人が僕にいじめを受けているということで相談があったそうで
頭の中はハテナマークだらけに。

話を聞いてみると、席が1つ僕の前だったその友人が
授業中に寝ていることが多かったので、たまにくすぐって起こしていたのです。

・・・それがいじめだと相談したそうです。

僕の場合性格は今と学生時代で大差がないので

『あぁ、そうなんですか。
なら、もう彼をくすぐることは無いですけど
当然僕はその子と今後遊ぶこともなくなりますよ?
で、彼が気の毒だし責任を取って彼にちょっかいかけるなと
全校生徒にしっかり説明をしておきますね。
ところで、先生達は僕ら仲良いことを見てて知ってますよね?
あなた達は友達同士の関係でくすぐるってことをいじめだと
思っているということで僕を呼び出したわけじゃないですか?
それについては一生記憶に残しますからね。』

ということで話はつきましたが、この場合は
友人が「くすぐるのやめてくれ」「俺はくすぐられるのはいじめだと思ってる」と
一言言ってくれればいいわけじゃないですか。

というか、くすぐり返して来たりしてきてましたから
いじめだと思ってるなんて分かるわけがないです(笑)

でも人の感情はどこでどうなるかわからないんですよ。
そして価値観も。


ありませんか?

「あいつ、いつ謝るつもりなんだろう?」

なんて思っていたら、相手から

「いつ謝るの?」

みたいなことを言われたりそういう態度を出されること。

自分のなかでは10VS0の事故の被害者で
仲間にその話をしても、皆が10VS0の事故だと
同意してくれても、たった1人だけその加害者本人は
「俺は10VS0の事故の被害者だ」と思っていることなんて
日常生活の中でもあったりしますからね。

こういうような場合もありますが、いじめの場合は
大半が明確に加害者と被害者があるのですし、
加害者の大半が馬鹿なんですから、上手く誘導してやれば
いじめを無くしていくことは普通に現実的なんじゃないかなと思うんですけどね。




応援してね!人気ブログランキングへ
[PR]
by head-and-hand | 2013-10-11 02:20 | 日記